カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 成長の目安 >
  4. 3歳以上 >
  5. 動作・行動 >
  6. 集団生活のなかで子どもをはぐくむ方法

育児・子供の病気

集団生活のなかで子どもをはぐくむ方法

 

「小学校に入って集団生活をしはじめてから子どもが変わった」

という話を聞くことがあります。

でも、小学校に入ってから急に子どもが悪くなる、

ぐれるということはありません。

もっと小さい時期から、何か原因があったはずです。

その小さなことに、大人が気づいてあげなければなりません。



●やりたいことしかやらない子への対処法

小さい頃から、子どもは壁にぶつかるたびに、

それを乗り越えて生きています。

親や大人はそんな子どもを支え、励まして前に進ませてやります。

でも、親や周りの大人が手を出し、壁を乗り越えるようとせず、

避けるように育ってきた子は、

やりたいことやうまくできることはやるけれども、

できないこと、やりたくないことはやらないという子になっていきます。

小学校に入り、集団生活をするようになると、

それがはっきり出てきます。

そうなる前に、幼稚園や保育園での頃に、その芽に対処し、

いい方向へと仕向けてやる必要があります。

たとえばお友だちが集まって、

みんなでカード遊びをしているときのこと。

一人だけ、自分の好きなカードだけをとって、

ほかのときはゲームに参加せず、

よそへ行ってしまう子にはどう対処しますか。

そういう場合は、

「ゲームに入るのなら入る、入るのなら、

ルールを守らなければ入れてあげません」

とはっきり言って、守らない場合は断固、入れてはいけません。

こうした厳しさもときには必要です。



●できないまま放っておくのが愛情ではない

反対に、幼稚園や保育園でグループで遊ぶようになると、

他のお友だちはできるのに、

その子だけできないというケースも出てきます。

たとえば、ほかの子より字を知らないために、

かるたやパズルなどのゲームができない……、

するとその子は次第に、輪のなかに入れなくなります。

そういうとき、大人はどうしたらいいでしょうか。

放っておきますか?

そういう子とは、あるとき、1対1でじっくりと時間をかけ、

一緒にかるたやゲームができるようになるまで、

とことん対峙してあげてください。

何時間でもつきあって、一緒に壁を乗り越える、

それができるのが、近くにいる親や大人なのです。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2010/06/06-337259.php)

著者: あにぃさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

動作・行動に関する記事

3歳になってもしゃべらない…これって何かの障がい?

子どもが初めて喋った瞬間というのは、親としてとても嬉しい瞬間でもあります。 ...

「ままごと遊び」が子どもを成長させる

  ままごと遊びは、どこの家庭でも幼稚園、保育園でも ごく当たり前に行わ...

動作・行動の体験談

イヤイヤ大魔王との戦い。

我が家の息子のイヤイヤ期は、2歳半からはじまり、イヤイヤ怪獣になったのがそのころです。 3歳直前か...

人見知りする?しない?

現在、幼稚園年少と2歳児の2人の娘っ子の育児奮闘中です! 長女と次女では、性格って全然違うものなん...

カラダノートひろば

動作・行動の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る