カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. ダイエット >
  4. 知識 >
  5. 砂糖不使用やシュガーレスにカロリーゼロ?低カロリーの甘味料の表示を理解しよう!

美容・ダイエット

砂糖不使用やシュガーレスにカロリーゼロ?低カロリーの甘味料の表示を理解しよう!

カロリーゼロや、シュガーレス、砂糖不使用など表記のある食品を良く目にするとおもいます。

 

これらは確かに低カロリーであったりはしますが、本当にカロリーがゼロなのでしょうか。

また、糖尿病にかかっている方や糖尿病予備軍の方が選ぶ上で、どのような点に注意すればよいのでしょうか。

 

砂糖不使用という表記の意味 

砂糖不使用というのは、単に砂糖という物質を使っていないという意味ですので、果糖・乳糖などを使っていたとしても、この表示は可能です。

 

シュガーレスという表記の意味 

シュガーレスという表記は、どのような意味で使われているのでしょうか。

 

シュガーレスは、糖類(砂糖・果糖・乳糖など)が食品にどのくらい含まれているかによって、決定されます。つまり、糖類が100g(飲み物の場合は100ml)の中で、0.5g未満しか含まれていない場合には、シュガーレスという表記を用いることができます。

ほかには、「ノンシュガー」・「無糖」といった表記も使うことが可能なのです。

 

カロリーゼロという表記の意味 

<カロリーゼロと表記がされていても、本当にカロリー量はゼロというわけではないということを知っているでしょうか。

食品100g(飲み物の場合は100ml)あたりのカロリー量が5kcal未満である場合はカロリーゼロと表示できるのです。

 

>上記のように、カロリーゼロやシュガーレスに使われている人口甘味料ですが、人口甘味料の注意点は多々あります。

 

人口甘味料には、ステビア・キシリトール、そしてアスパルテームなどがあります。

これらは、確かに血糖値を上げず、カロリーが少ないという利点があります。

 

しかし、人口甘味料を多様することにより、甘みに対して鈍感になってしまいますし、長期間摂取している場合の安全性もまだ確立していませんので、とりすぎには注意しましょう。

(Photo by: //www.ashinari.com/

著者: BoroughHallさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

知識に関する記事

ダイエットには低カロリー・高たんぱく質の食品をとろう!

  ダイエットをする上で、低カロリーな食品を摂取するだけではなく、高たんぱ...

間食がNGな時間、OKな時間

 食事と食事の間に何か食べることを間食といいます。 間食の習慣は特に女性にとっ...


「間食がやめられない・・・」という方のためにお役立ちアドバイス3つ

  間食の欲望はダイエットをしていると多くの方が体験するはずです。食べたい、け...

忙しくても実践可能!家事し「ながらダイエット」

  家事をしながら仕事をしていらっしゃる方は、運動のためにわざわざ時間を割くこ...

カラダノートひろば

知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る