カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. ダイエット >
  4. 知識 >
  5. 量が減るとダイエットに悪影響!低カロリー食品だけでなく高たんぱく質をしっかり摂ろう!

美容・ダイエット

量が減るとダイエットに悪影響!低カロリー食品だけでなく高たんぱく質をしっかり摂ろう!

 

ダイエットをする上で、低カロリーな食品を摂取することはもちろんですが、それと同じくらい、高たんぱくな食品を食べることはとても重要です。たんぱく質というのは、体を構成する上で大変重要な栄養素の一つで、人のカラダの約20%はたんぱく質でできているのです。たんぱく質は、おおよそ20種類のアミノ酸が複雑にからみあってできている物質であり、カラダの中で主に皮膚や髪の毛、つめ、臓器などにも使われています。さらに、ホルモンや免疫体などにも重要な役割を果たしており、たんぱく質をしっかり豊富に含んだ食品を摂取することは、健康的なダイエットをする上でも、非常に重要です。

 

 

たんぱく質の摂取量が減るとどうなるのか

 

以上のように、たんぱく質はカラダの各所を構成する重要な栄養素ですが、たんぱく質の摂取量が減ってしまうとどのようなことが起こるのでしょうか。たんぱく質の減少により現れる悪影響の一つが、筋肉量の減少です。筋肉繊維はたんぱく質からできており、たんぱく質が減少してしまうと、筋肉の量が減ってしまいます。そして、筋肉の量が減るということは、基礎代謝も減ってしまいます。基礎代謝が減ってしまうということは、消費カロリーが減るということですから、ダイエットにも悪影響があるということを覚えておきましょう。

 

 

 

たんぱく質はダイエットをする上で積極的に摂取するべき栄養素です。1日に必要なたんぱく質量の目安は、体重1キログラムあたり1グラムです。たんぱく質を上手に摂りながら、健康的にダイエットをしていきたいですね。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2013/11/06-383655.php?category=15

著者: BoroughHallさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

知識に関する記事

砂糖不使用やシュガーレスにカロリーゼロ?低カロリーの甘味料の表示を理解しよう!

カロリーゼロや、シュガーレス、砂糖不使用など表記のある食品を良く目にするとおもい...

40代のラストダイエット!まだ間に合う40代のダイエット「現状の理解」と「コツ」

30代の頃から体の変化を感じていませんか?そのまま40代になって、下腹部に、...


30代になって20代と変わったのは何?痩せにくくなった・肉の付き方が変わった理由

30代になって、20代の頃と違うと感じることは色々とあると思います。その一つ...

寝不足を解消するとダイエットにもなる!?睡眠不足だと太ってしまうのは何故?

ここのところ寝不足気味で、なんだか体重が増えてきたかも…睡眠時間は昔から5時間...

カラダノートひろば

知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る