カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. ダイエット >
  4. 知識 >
  5. ダイエットには低カロリー・高たんぱく質の食品をとろう!

美容・ダイエット

ダイエットには低カロリー・高たんぱく質の食品をとろう!

 

ダイエットをする上で、低カロリーな食品を摂取するだけではなく、高たんぱく質の食品を摂取することも大変重要なことです。たんぱく質はカラダをつくる栄養素で、筋肉繊維から内臓、ホルモンなどカラダの様々な部分を構成する重要な栄養素ですので、高タンパクで低カロリーな食品を積極的に摂取していきましょう。

 

どんな食材が、低カロリー・高たんぱく質か?

 

たんぱく質には、植物性たんぱく質と動物性たんぱく質の二種類があり、それぞれをバランス良く食べることが重要であるとされています。それぞれの代表的な食材は下記の通りです。

 

<植物性たんぱく質を多く含む食材>

 

・納豆

枝豆

豆腐

油揚げ

 

上記のように植物性たんぱく質は大豆を中心とした大豆製品には、大変豊富に植物性たんぱく質が含まれているので、毎日食べることをお勧めします。

 

<動物性たんぱく質を多く含む食材>

 

牛肉、豚肉、鶏肉

マグロ、サケ、タライカ、タコ、貝類

ちくわ、かまぼこ、ツナ缶

卵白

 

動物性たんぱく質は、上記のように肉や魚、魚を用いた加工製品が有名ですが、肉の場合は牛肉を選ぶ場合には脂の少ないもも肉、ヒレ肉を選ぶと良いでしょう。鶏肉の場合は、もも肉や皮のついていないムネ肉がお勧めです。また、魚の場合は青魚よりも白身魚がお勧めです。なぜなら、後者のほうが低カロリーだからです。白身魚の代表格である、ヒラメ・タラ・カレイ・鯛などは100gあたり100kcal前後のカロリー量ですので、ダイエットをしている人には、最適な低カロリー・高たんぱくな食品の代表格です。

 

最後に

 

上記のように、たんぱく質には植物性・動物性両方あり、これらをバランスよく食べて、さらにその中でも低カロリーの食品を選ぶことが、ダイエットをする上で重要な事と言えるでしょう。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/02/21-376543.php?category=14)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

知識に関する記事

仕事時間もダイエットの味方!仕事中の「ながらダイエット」で美ボディをゲットしよう!

  仕事が忙しくったってなんのその!どんなに忙しくても美ボディキープのために日...

忙しくても実践可能!家事し「ながらダイエット」

  家事をしながら仕事をしていらっしゃる方は、運動のためにわざわざ時間を割くこ...


女性の痩せすぎのリスク5つ!痩せ意識の高い日本では自己管理が大切!

日本は先進国の中でも痩せている若い女性が多い国です。痩せているといっても、そ...

吐いてるのは食べ物だけじゃない!

    綺麗になりたい、そう思わない女性はいないと思いますが、その為に過剰な...

カラダノートひろば

知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る