カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. ダイエット >
  4. 食事 >
  5. 食材 >
  6. 炭水化物 >
  7. 低GI値の主食「玄米」でダイエットを成功させよう!

美容・ダイエット

低GI値の主食「玄米」でダイエットを成功させよう!

 

 

ダイエットをする人にとって、低カロリーの食事を摂り、消費カロリーを増やしていくことは重要ですが、同時に、炭水化物は大敵であると考えている人も多いのではないでしょうか。ダイエット中は、できることならば炭水化物を控えたいと思う反面、炭水化物は腹持ちがいいので、抜いてしまうとすぐに空腹感がやってきてしまいますよね。そして、結果的に量をたくさん食べてしまう、という人も多いのではないでしょうか。主食として重要な炭水化物について、しっかり理解をして、ダイエットをしていきたいものです。

 

 

GI食品とは

 

GI値という言葉を聞いたことがある人は多いと思います。GIはグリセミックインデックスの略で、これはその食品に含まれる糖質がどのくらい吸収されるか、糖質の吸収度合いを示してる数値です。この数値が低ければ低いほど糖質の吸収がおだやかとなり、太りにくい傾向にあるといえます。逆に、この数値が高くなれば高くなるほど、食後の血糖値が上昇し、太りやすくなるといえます。

 

GI値が低い玄米

 

このGI値が低い主食には、どのようなものがあるでしょうか。日本の主食であるお米を見ていきましょう。白米のGI値はおよそ80前後といわれています。これはやや高めです。この白米のGI値よりも低いのは玄米で、玄米のGI値は約55といわれています。さらに玄米には白米の倍以上の栄養素が含まれており、多くのメリットがあるのですが、他方で、硬く消化には悪いというデメリットもあります。そのため、玄米を食べるときはしっかり嚙んでゆっくり食べましょう。

 

最後に

 

GI値の低い食品を選ぶことは、糖質の吸収を遅くするためダイエットをする上でも、大変重要です。玄米は白米よりもGI値が低いため、ダイエット中の主食にはもってこいの食材でしょう。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/10/14-383245.php?category=14) 

著者: BoroughHallさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

炭水化物に関する記事

ダイエットの強い味方お粥

 空腹感との苦しい戦いであるダイエットもお粥という味方により、苦しみも大幅に軽減...

お寿司屋さんでカロリーを気にするとき、食べたいネタは?

お寿司といえばヘルシーな料理というイメージ。でも意外と食べ過ぎてしまってカロ...


なんでおにぎりを食べてダイエット効果が?どれくらい痩せられる?運動はしちゃダメなの?

ダイエットをするのに炭水化物は天敵と考えているでしょうか?確かに基本的にダイ...

デートの前に-2キロ

炭水化物抜きダイエットは痩せると言いますし実際に痩せます。 しかし、一方では炭水...

カラダノートひろば

炭水化物の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る