カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 胃がん >
  4. 症状 >
  5. 胃の粘膜にできた悪性腫瘍「胃がん」の特徴とは?

ガン・悪性腫瘍

胃の粘膜にできた悪性腫瘍「胃がん」の特徴とは?

 

 

胃がんとは、胃の粘膜にできた悪性腫瘍を指し、日本人の死因第一位であるがんの中でも、死亡する人が2番目に多い病気です。胃がんは女性よりも男性のほうがかかりやすいとされており、年代でみると50-60代の人に集中しています。最近は胃がんは減少傾向にあるとされ、その理由として健康診断や人間ドックの普及により、早期発見ができるようになったことです。また、発見から治療して治癒する治癒率も、早期発見の場合は9割を超える高い確率となっています。早期発見して早めの対策を打つことが、胃がんにとってとても重要なのです。

 

胃がんは、大きくわけて3つあるといわれています。早期胃がん、進行胃がん、そしてスキルス胃がんです。

 

 

早期胃がんの特徴とは

 

早期胃がんの特徴は、がんが胃壁内部表面から粘膜下組織層にとどまっている状態で、さらに奥の筋層、漿膜層まで侵食していない状態です。

 

進行胃がんの特徴とは

 

進行胃がんの特徴は、早期胃がんからさらに進んで奥の筋層、漿膜層まで進んでいる状態です。

 

ステルス性胃がんの特徴とは

 

ステルス性胃がんは、胃壁の中から進行し、胃を固まらせるという症状が見られます。胃壁の中からの進行が進むため、早期発見が難しいとされます。30-40代の女性にかかりやすい胃がんといえます。

 

早期胃がんの症状の特徴

 

胃がんの症状は非常にわかりやすいとされています。胃がんと診断されたころにはすでに手遅れになっている場合があるので、以下のような症状がある場合早期胃がんの可能性を疑ってみるほうがよいでしょう。

 

・げっぷが多くでる
・食欲不振
・胃の違和感・不快感

 

最後に

 

早期胃がんは、胃の機能が弱くなっているような症状が見られます。こうした症状が現れた場合には、早めに胃がんを疑ったほうが良いでしょう。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2011/01/04-344445.php?category=15) 

 

 

 

著者: BoroughHallさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

胃がんについて学ぼう!胃がんについての基礎知識

  胃がんは日本人がかかるがんの中でも第二位に位置するがんですが、胃がんに...

胃切除の手術後はダンピング症候群になる可能性も!

胃がんの治療には手術が行われることが多いです。手術は一般に胃の切除を行い、全摘...


早期発見が大事!胃がんの症状とは?

胃がんは日本人において、40代後半から増加し始めて、女性よりも男性のほうが罹...

胃がん治療、切除によって起こる後遺症について

  手術は人の手で行うものですから、完全に手術後の障害がないとは言い切れません...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る