カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 胃がん >
  4. 治療 >
  5. がんの治療方法としてよく耳にする放射線治療!胃がんに対する放射線治療とは?

ガン・悪性腫瘍

がんの治療方法としてよく耳にする放射線治療!胃がんに対する放射線治療とは?

がんの治療方法には、大きくわけて外科的手術、薬物治療、そして放射線治療があります。

 

外科的手術は患部を外科的に除去すること、そして、薬物治療は抗がん剤を利用して、がん細胞の増殖を抑えるという治療です。

 

今回は、もうひとつの放射線治療とはどのようなものなのか、詳しく見ていきましょう。

 

放射線治療とは

放射線治療とは、薬物治療と同様にがん細胞の増殖を抑えることを目的とした治療方法で、治療する手段として放射線を用います。

 

放射線を患部に照射することによって、患部のがん細胞の増殖を防ぎます。放射線治療の利点は、外科的手術と異なり手術によって体を傷つけることなく、がんを小さくする効果があることです。

 

 

放射線治療の方法と副作用

具体的には、放射線治療によってがん細胞のDNAが合成するという機能を止め、破壊するという治療法ですが、胃がん治療には好ましくないという議論があります。その最大の理由は、放射線治療の副作用として、放射線によって健全な細胞にも悪影響が及ぼされる可能性があるということです。

 

胃がんのように腹部に放射線照射を行わなければいけない場合、副作用として下痢・嘔吐・吐き気があり、さらに放射した部分の皮膚にはかゆみや腫れが生ずる場合があります。

 

放射線治療は通常週に4-5回、1日1回受けなければならず、とてもつらいようです。

 

胃がんに対する治療方法は、現在では手術と化学療法の併用が一般的です。

 

放射線治療は、たしかに外科手術のように体に傷をつけることなく、がん細胞の増殖を抑える効果がありますが、周囲の健全な細胞に悪影響を及ぼすリスクがあり、下痢・嘔吐・吐き気といった副作用があるため、胃がんには放射線治療はあまり用いられないようです。

(Photo by://www.ashinari.com/

著者: BoroughHallさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

治療に関する記事

治療法は病院によっても違う!納得できる治療法探そう!日本における胃がん治療について

  胃がんに限らず、がんと診断されるとやはり患者やその家族は、大きな驚きと...

気になる外科手術方法!胃がんにおける外科手術ってどんなことをするの?

  胃がんには様々な治療方法がありますが、外科手術は最もポピュラーな治療方法の...


進行胃がんに有効!抗がん剤で直接胃を洗浄する『腹腔内温熱化学療法(HIPEC)』とは?

転移性胃がんに有効とされる『腹腔内温熱化学療法(HIPEC)』とは? 現在、胃...

カラダノートひろば

治療の関連カテゴリ

治療の記事ランキング

人気体験談ランキング

ガン・悪性腫瘍のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る