カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 胃がん >
  4. 治療 >
  5. 気になる外科手術方法!胃がんにおける外科手術ってどんなことをするの?

ガン・悪性腫瘍

気になる外科手術方法!胃がんにおける外科手術ってどんなことをするの?

 

胃がんには様々な治療方法がありますが、外科手術は最もポピュラーな治療方法の一つといえます。外科手術の場合、その手術方法も様々で、現在では腹腔鏡手術、ロボット支援手術なども現れ、患者の負担を減らす努力がなされています。では、具体的に胃がんに対する手術はどのようなものなのか、見ていきましょう。

 

 

胃がんにおける外科的手術

 

胃がんに対する手術は患部を除去することですが、具体的には胃の切除およびリンパ節の切除です。リンパ節は胃からの距離で3つの群に分けられ、2群までのリンパ節を切除するのが、胃がんにおける標準的な手術であるといえます。

 

胃がんが発生する部分は、胃袋の食道側を入り口、小腸側を出口と見る場合、出口側にできることが多いとされています。その場合は、出口側の胃の約4分の3を切除することが通常です。しかし、胃がんの範囲がもっと入り口側にも広がっている場合には、胃をすべて摘出する胃全摘術と呼ばれる手術を行うこととなります。その際には、すい臓や脾臓の一部も一緒に切除するのが通常です。

 

実際の手術方法としては、腹腔鏡手術を行う病院があります。腹腔鏡手術とは、おなかを炭酸ガスで膨らませた上で、カメラをおへそから挿入し、おなかの数箇所に小さな穴をあけ、手術用の器具をそこから挿入して手術行ます。腹腔鏡手術の長所としては、手術の跡が小さく、目立たないという点、術後の痛みが少ないという点があります。

 

最後に

 

胃がんの外科的手術の胃の切除の仕方は、胃がんの広がりに応じて様々です。そして、最近では胃がん手術において、様々なメリットのある腹腔鏡手術をしている病院もあるので、自分にあった手術法を選ぶようにしましょう。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2012/09/08-369551.php?category=17 

著者: BoroughHallさん

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

治療に関する記事

がんの治療方法としてよく耳にする放射線治療!胃がんに対する放射線治療とは?

がんの治療方法には、大きくわけて外科的手術、薬物治療、そして放射線治療がありま...

治療法は病院によっても違う!納得できる治療法探そう!日本における胃がん治療について

  胃がんに限らず、がんと診断されるとやはり患者やその家族は、大きな驚きと...


進行胃がんに有効!抗がん剤で直接胃を洗浄する『腹腔内温熱化学療法(HIPEC)』とは?

転移性胃がんに有効とされる『腹腔内温熱化学療法(HIPEC)』とは? 現在、胃...

悪性度の高い『スキルス胃がん』治療の進歩によって、生存率はどれだけ改善されたか?

胃がん全体の約10%を占める悪性度の高い『スキルス胃がん』は、粘膜の下でがん...

カラダノートひろば

治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る