カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 胃がん >
  4. 胃がん手術後の食事に関するギモン

ガン・悪性腫瘍

胃がん手術後の食事に関するギモン

 

胃がんの治療には、抗がん剤治療や外科的手術による治療がありますが、後者の場合は、胃を摘出するので、手術の後の食べ物・飲み物をどうしたらいいかしっかり理解しておくことが重要です。

 

 

手術後の甘いものは大丈夫か?

 

胃がんの手術後、患者の中には低血糖になる方がいるといいます。それはどういうことかというと、食べ物の中に含まれる糖分が、胃で十分に消化されないままその次の小腸にたどり着き、小腸で急に吸収されると血糖値が上昇します。この急激な血糖値の上昇に対して、今度はインシュリンと呼ばれるホルモンを大量に分泌して、血糖値を下げようとするのです。このインシュリンの大量分泌が低血糖の原因となるのです。

 

低血糖になると、手足の脱力感、多汗の症状などが見られ、ひどい場合は意識を失うことがあります。そのような場合には、すぐに甘いものを食べたり飲んだりすることが必要です。できるだけ、ポケットに飴玉などをいれておいて、低血糖の症状が現れたら、すぐに甘いものをとるよう心がけましょう。

 

お酒は飲んでもいい?

 

お酒は胃にとって刺激物です。大量に飲むことは控えた方がよいでしょう。それと、胃というよりは、肝臓がきちんと働いているかが問題となります。そのため、肝機能が問題なければ、あるていどはお酒は飲んでも大丈夫なようです。ただし、上記の点でも述べたとおり、低血糖の可能性は理解しておきましょう。お酒の中にも糖分がはいっており、これらが小腸で急に吸収される可能性があるからです。なお、ビールのように炭酸ガスを含んだお酒を飲む場合、胃がん手術後はげっぷがうまく出しにくくなるので、うまくげっぷが出せない間は、あまり量は飲めなくなる可能性があります。いずれにせよ、お酒も適度な量に抑えて、飲み過ぎないようにすることはいうまでもありません。

 

最後に

 

甘いものもお酒も問題ありませんが、やはり低血糖のリスクというものをしっかり理解しておくことが必要です。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2012/03/01-358554.php?category=20)

著者: BoroughHallさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

胃がんに関する記事

胃がんにかかって胃を摘出した…その後の食事の注意点とは?どう食事を取ればいい?

  胃がんにかかった方で、実際に胃を全部または一部摘出した方は、どのような...

日本人は胃癌になりやすい!癌にかかった人数「罹患率」について

死亡率が高いがんは肺がんですが、罹患率という観点では違います。死亡率はかかっ...


胃がん手術後の食事における注意点

    日本人がかかりやすいがん第二位の胃がんは、場合によっては手術によ...

胃がん検診の4つの方法

胃がんは日本人が特に注意したいがんの一つです。胃がん検診は、40歳以上であれば年...

カラダノートひろば

胃がんの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る