カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病気・症状(女性特有) >
  4. 子宮 >
  5. 子宮頸がん >
  6. 妊娠・出産の可能性まで奪うことがある!子宮頸がん検診を受けよう!検診の流れについて

女性のカラダの悩み

妊娠・出産の可能性まで奪うことがある!子宮頸がん検診を受けよう!検診の流れについて

 

子宮頸がんは、性交との関連が強いとされ、性交回数が多い人、妊娠・出産回数が多い人は子宮頸がんのリスクが高くなるとされています。この病気は、妊娠・出産の可能性まで奪うことがあるので、定期的な検診を受けることが強く求められます。

 

子宮頸がんの検診・診断は全国の婦人科で受けることができます20-30代の女性で発症するがんの中で第一位なので、1-2年に一度は検診を欠かさず受けるようにしましょう。

 

検診の流れなど、検診の内容についてしっかり理解することも重要です。子宮頸がんの定期的な検診によって、早期発見、早期治療をしましょう。

 

 

子宮頸がん検診の流れとは

 

子宮頸がん検診はまず問診からはじまります。ここでは、初潮年齢や生理の状況、妊娠・出産の経験の有無など基本的な内容について聞かれます。

 

実際の検診は、内診台にあがり子宮頸部の状態を見て確認し、子宮頸部の状態を観察することで、炎症がないかどうか、子宮の形や大きさなどを確認します。

 

次に細胞診として、やわらかいヘラのようなもので、子宮頸部の粘膜を採取します。この場合若干の出血が出る場合がありますが、痛みはほとんどないでしょう。ここで採取した細胞は医療機関によって異なりますが、およそ2週間程度で検査結果がわかります。

 

最後に

 

自覚症状が初期の段階ではあまり感じられない子宮頸がんの早期発見には、定期的な検診を受けることが大切です。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2013/01/12-375048.php?category=20

著者: BoroughHallさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

子宮頸がんに関する記事

子宮頸部細胞診の検査結果…どう見るの?

  性交渉によるヒトパピローマウイルスの感染で発症する子宮頸がんは若年層に増え...

女性には是非知ってほしい 子宮頸がんは予防できます!その方法

      2013年から定期接種となった子宮頸がんワクチン。その予防接種...


子宮頸がん検診はどんなことするの?~子宮頸がんの予防法や検査法~

  日本では女性の体を守るため、子宮がん検診が勧められています。 市区町...

女性にお役立ち情報!HPVワクチンで子宮頸がん予防ができる?

  HPVワクチンは世界で初めて誕生した「がんを予防するワクチン」です。  ...

カラダノートひろば

子宮頸がんの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る