カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 女性特有のがん「子宮頸がん」知っておこう!子宮頸がんとはどのような病気?発症と治療法

ガン・悪性腫瘍

女性特有のがん「子宮頸がん」知っておこう!子宮頸がんとはどのような病気?発症と治療法

 

がんの中で、女性特有のがんとして、子宮頸がんがあります。子宮頸がんは、遺伝などには関係なく、性交経験がある女性ならば誰でもかかる可能性のある病気です。女性特有のがんの中では、乳がんの次に発症率が高いがんで、全世界では毎年25万人を超える女性が子宮頸がんによって亡くなっています。子宮がんと異なり、20-30代の若い女性が罹患する率が高いことも特徴的です。

 

子宮頸がんの発症

 

子宮頸がんは初期時点では無症状の場合が多く、不正出血やおりものの増加が見られるころにはすでにがんが進行している、という場合も少なくはありません。他にも、進行した子宮頸がんの症状には、性交時の出血や下腹部や腰の痛みが生じる場合もあります。

 

子宮頸がんが進行してしまうと、子宮をすべて摘出しなければならない可能性もあります。その場合は、妊娠・出産に大きな影響を与えることとなります。さらに、がんが周囲の臓器にも転移すると命にかかわる場合があるので、注意が必要です。

 

子宮頸がんの治療法

 

子宮頸がんの治療方法には、主に放射線治療、手術による治療、そして抗がん剤による化学療法があります。これらの治療法は患者の状態に応じて、最適の治療方法をお医者さんと話しあいながら決めていくこととなります。

 

初期の子宮頸がんに対する治療

 

初期の子宮頸がんに対する治療の場合は、子宮頸部の患部をレーザーや電気メスなどで切り取る手術で、この場合は子宮を摘出することはないため、妊娠・出産は可能です。

 

最後に

 

子宮頸がんは発症当初は、症状がなく、なかなか発見することが難しいのですが、初期の子宮頸がんの治療であれば、子宮を摘出することもないため、妊娠・出産は可能です。子宮頸がんに対する早期発見・早期治療は大変重要です。

 

(Photo by: http://www.ashinari.com/2010/07/08-338365.php?category=19

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ガン・悪性腫瘍に関する記事

前立腺がんの検査『前立腺生検』合併症のリスクとは?

『前立腺生検』は前立腺がんの確定検査です。複数の針を前立腺に刺して組織採取し、...

胆管に発生する胆管がん

  肝臓で発症する悪性の腫瘍の中に胆管がんがあります。胆管とは肝臓と十二指腸を...


組織型や悪性度によって分類される脳腫瘍

  脳腫瘍は組織型や悪性度によって分類されます。    組織型による分類方法 ...

腎臓の腫瘍には「抗がん剤か効きにくい理由」

  腎臓の腫瘍は、発病の原因がはっきりわかっていません。しかし小児に多い「...

カラダノートひろば

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る