カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病気・症状(女性特有) >
  4. 子宮 >
  5. 子宮頸がん >
  6. 20~30代の女性がかかりやすい子宮頸がん!予防ワクチンの摂取方法と副作用とは?

女性のカラダの悩み

20~30代の女性がかかりやすい子宮頸がん!予防ワクチンの摂取方法と副作用とは?

 

 

子宮頸がんは20-30代の女性がかかりやすい女性特有のがんで、性交経験がある女性であれば誰でも罹患する可能性のあるがんの一つです。初期の段階では、自覚症状がありませんが、病状が進行すると不正出血、性交時の出血などが見られるようになります。

 

子宮頸がんには、予防のためにワクチンが開発されていま。子宮頸がんの予防ワクチンは、すでに海外100カ国以上で使用されており、日本においても、2009年に承認され、一般の医療機関で利用できるようになりました。

 

ワクチンはあくまで、子宮頸がんの予防のために用いられているので、すでに感染しているウィルスを除去できるわけではありませんし、すでにできているがん細胞を治す効果はありません。ワクチンによって、ウィルスの抗体を作ることによって、体に侵入してきた場合に、この抗体がウィルスを撃退してくれるのです。

 

予防ワクチンの接種方法

 

それでは、このような予防ワクチンはどのように接種すればよろしいでしょうか。子宮頸がんワクチンは半年の間に3回打つのが通常です。打つ場所は、肩に近い腕の部分に注射します。1回目のワクチンを接種してから、約1ヵ月後に2回目のワクチンを、2回目の約5ヵ月後に3回目のワクチンを接種するのが通常です。しかし、接種期間中に妊娠した場合は、その後の接種はしてはいけません。

 

予防ワクチン後の副作用

 

子宮頸がんワクチンを接種後、副作用・副反応として、以下のような症状が現れる場合があります。たとえば、注射した部分に痛みや腫れが現れます。重篤な副反応としてはアナフィラキシー症状などの強いアレルギー反応が現れる場合があります。また、ギラン・バレー症候群が現れる場合があるので、詳細はお医者さんに相談しましょう。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2006/10/10-000321.php?category=19

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

子宮頸がんに関する記事

子宮頸がんワクチン「ガーダシル」とは?

    子宮頸がんを予防するためのワクチンには2種類のものが存在します。ここ...

子宮摘出などにならない為に!子宮頸がんと予防ワクチンについて

20代から30代の若い患者が多いことで知られているのが子宮頸がんです。子宮頸がん...


女性にお役立ち情報!HPVワクチンで子宮頸がん予防ができる?

  HPVワクチンは世界で初めて誕生した「がんを予防するワクチン」です。  ...

子宮頸がんや子宮外妊娠?セックス時の出血で心配される病気とは?

  セックスの時に出血し、止まらない、あるいは出血量が増えていく、といった...

カラダノートひろば

子宮頸がんの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る