カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病気・症状(女性特有) >
  4. 子宮 >
  5. その他 >
  6. 多岐に渡る「子宮頸管炎」の原因について

女性のカラダの悩み

多岐に渡る「子宮頸管炎」の原因について

 

子宮頸部は膣管を通じて腹膣内と外界とをつなぐ部分であるため、感染症に気をつける必要があります。こうした感染症で炎症が発生すると、子宮頸管炎と診断される場合があります。では、この子宮頸管炎はどのような症状が現れるのか、原因は何なのか見ていきましょう。

 

 

子宮頸管炎の症状

 

子宮頸管炎の症状として、性交時に疼痛・出血が生じる場合があります。また、帯下の異常が生じ、炎症が進み、子宮頸部よりも広がっている場合には発熱が生じる場合があります。

 

子宮頸管炎の原因

 

子宮頸管炎の原因としては、以下のような感染が疑われます。

 

・淋病

・クラシジア
・梅毒
・ウィルス感染(ヒトパピイローマウィルス、単純ヘルパスなど)
・カンジタ菌など真菌による感染
・ブドウ球菌
・大腸菌

 

他にも、アレルギーによるものとして、薬物や精子に対するアレルギーとして、頸部が炎症を起こす場合もありますし、外的刺激として、機械的・化学的刺激によって炎症が引き起こされる場合あり、原因は多岐に渡っています。

 

子宮頸管炎を診断するための検査としては、鏡検、細菌培養、ウィルス分離・培養などによって、原因となっているウィルス・細菌を検出する検査を行います。それぞれの原因ごとの菌やウィルスによって検査の方法が違いますので、様々な検査を試してみて原因が特定化される場合もあります。

 

実際に原因が判明し治療をする場合には、その原因に効果のある薬物を医者が処方してくれます。医者が処方してくれる薬には内服薬もあれば、膣内に挿入する膣内剤もあります。これらの薬は一般的には主に、抗ウィルス剤、抗原虫剤、抗生物質、抗真菌剤などとなります。

 

最後に

 

子宮頸管炎は、以上のように原因が多岐に渡り、その原因特定には様々な検査が必要となる場合がありますが、薬で治る病気ですので何かしら症状が現れたら、婦人科の先生に診てもらいましょう。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/09/30-382718.php?category=18 

著者: BoroughHallさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

「びらん」というのは「ただれ」のこと?子宮膣部びらんとは?

女性が婦人科で診察を受けた際に、「びらんがある」と診断された方はいらっしゃらな...

不妊の原因になることも?!子宮内膜炎について

      子宮内膜とは子宮の内側を覆っている粘膜です。子宮内膜炎とは、子...


早期発見が大切!子宮内膜癌の検査と様々な治療法

子宮体がん(子宮内膜ガン)とは?婦人科のガンで最も多いのは子宮ガンです。子宮ガン...

不正出血は2種類ある!器質性出血と機能性出血の基礎知識

みなさんの中で、特に生理前後ではないにもかかわらず、性交時に出血するという人...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る