カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病気・症状(女性特有) >
  4. 子宮 >
  5. その他 >
  6. 不正出血は2種類ある!器質性出血と機能性出血の基礎知識

女性のカラダの悩み

不正出血は2種類ある!器質性出血と機能性出血の基礎知識

みなさんの中で、特に生理前後ではないにもかかわらず、性交時に出血するという人はいらっしゃらないでしょうか。
月経時以外に、女性器から出血することを不正出血といいます。

 

不正出血には様々な場合があり、性交時の際の出血だけではなく、おりものに血が混じったり、生理日でもないのにナプキンでも間に合わないぐらいの出血があることがあります。

 

不正出血が出たらどうする?

不正出血はその出血量や頻度に関係なく、何らかの病気が背後にある可能性があります。
量が少ないから大丈夫、出血の頻度はそんなに多くないから大丈夫と自分で判断せずに医者にきちんと診てもらいましょう。

 

不正出血の2つのパターン

不正出血には、大きくわけて器質性出血と機能性出血の2つがあります。
器質性出血は子宮の腫瘍などを原因とした出血で、腫瘍は良性と悪性にさらに分けられます。

 

●器質性出血

<良性の腫瘍>

・子宮膣部びらん

・子宮頸管ポリープ

・子宮筋腫

・子宮内膜ポリープ

 

<悪性の腫瘍>

・卵管がん

・外陰がん

・子宮肉腫

・子宮頸がん

・子宮体がん

 

●機能性出血

機能性出血の多くは卵巣機能との関係があります。
つまり、機能性出血が起こる原因としては、卵巣機能の働きが衰える更年期や、子宮や卵巣が未発達である思春期に起こりやすい出血です。

 

具体的には、女性ホルモンである黄体ホルモンと卵胞ホルモンの分泌バランスが崩れることにより、機能性出血が起こる可能性があります。

 

機能性出血における他の理由としては、以下のような理由も考えられます。

・ビタミンC欠乏症

・急性伝染病

・敗血症

・血液疾患

 

このように不正出血には様々な理由があり、最悪の場合はがんの場合もあります。
出血している場合には、できるだけ早く婦人科に行き診察・検査を受けましょう。

 

「女性のカラダの悩み」で人気の記事はこちら

●いったいなに?セックスのあとの気になる出血

●子宮がんのサイン?女性の6割以上が経験したことのある不正出血、生理との見分け方

●更年期には不正出血が多いって本当?なぜ?どう対処すればいい? 

 (Photo by://www.ashinari.com/

著者: BoroughHallさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

子宮脱になるのは健康な女性の証拠?!

  通常の病気や疾患は、その人が健康を損ねているからこそ発症するものですが...

不妊の原因になることも?!子宮内膜炎について

      子宮内膜とは子宮の内側を覆っている粘膜です。子宮内膜炎とは、子...


多岐に渡る「子宮頸管炎」の原因について

  子宮頸部は膣管を通じて腹膣内と外界とをつなぐ部分であるため、感染症に気...

性交時の出血があったときは、どうしたら良いでしょうか?

    月経中でもないにも関わらず、力仕事をしたり、運動をしたり、または...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る