カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病気・症状(女性特有) >
  4. 子宮 >
  5. その他 >
  6. 性交時の出血で気をつけなければいけないこと

女性のカラダの悩み

性交時の出血で気をつけなければいけないこと

セックスをした際に、出血があったらちょっと驚きますよね。でも、生理前だった、挿入時にちょっと切れたり、膣が傷ついてしまった…など、慣れてしまっている人もいるかもしれません。性交時の出血の原因は様々ですが、そこに病気が隠れている可能性もあります。

自分のカラダの状態を把握し、変化に気付くための注意点をまとめました。

  

出血原因「がん」

性交の後に発生する出血の原因として、最も怖いのはがんです。がんには、子宮体がん、膣がん、子宮頸がんなどが可能性としてあります。これらを診断するためには、がん検診を受けましょう。がん検診の結果が問題なければ、これらを理由とした出血ではないことが確認できます。できるだけ、出血した後2-3ヶ月以内に子宮がん検診を受けることをお勧めします。

 

出血原因「炎症」

性交後の出血で最も多い原因は、子宮の入り口に出来るびらん(ただれ)です。すなわち、このびらんに膣の炎症が重なって、びらんや膣壁が充血することにより、または、これらに摩擦などの外的な刺激が加わることにより、出血することがあります。ここで注意すべき点は、膣の炎症の原因かどうかということです。この炎症の原因が、クラミジア、カンジダ、リン菌、トリコモナスなどの菌・ウィルスであるか否かを検査で確かめましょう。

 

その他の出血原因

他には以下のような場合で、出血があることがありますので、これらも可能性の一つとして覚えておきましょう。

 

・閉経後の女性の場合は、女性ホルモンの作用低下により、膣壁が薄くなるため、性交による刺激が原因で出血する場合があります。

・外陰部にできものがある場合は、これに刺激が加わることで出血する場合があります。

・性交において陰茎が挿入される際に、膣の入り口が切れて出血する場合もあります。少し切れているような場合は出血は自然に止まるので心配ないでしょう。

 

性交後の出血においては、様々な病気が疑われますが、何よりもまずしっかり検査を行うことで、原因を明らかにすることが最も重要です。

(Photo by: //www.ashinari.com/) 

著者: BoroughHallさん

本記事は、2016-10-12掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

出産によりリスクが上昇する子宮脱

  子宮が通常の位置からさらに下につり下がり、最後には一部が体外に飛び出してし...

女性の内性器 子宮の仕組み

■子宮の病気を理解するには、まず子宮のしくみを知ることが大切です。子宮はどのよう...


早期発見が大切!子宮内膜癌の検査と様々な治療法

子宮体がん(子宮内膜ガン)とは?婦人科のガンで最も多いのは子宮ガンです。子宮ガン...

不妊の原因になることも?!子宮内膜炎について

      子宮内膜とは子宮の内側を覆っている粘膜です。子宮内膜炎とは、子...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る