カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 口腔内 >
  4. 口内炎 >
  5. ウイルス感染や物理的な刺激が原因で生じる口内炎とは

気になる病気・症状

ウイルス感染や物理的な刺激が原因で生じる口内炎とは

 

とてもよく見られる口内炎ですが、経験があるという人がほとんどでしょう。口内炎は、口の中や周辺の粘膜のあらゆる場所にできるもので、その中でも歯肉にできた場合は歯肉炎、唇にできた場合は口唇炎などと呼ばれます。口内炎にもできる原因によっていくつか種類があり、最も一般的なものが「アフタ性口内炎」です。原因ははっきりしていませんが、ストレスや睡眠不足、栄養不足などが関係して発症するようです。それ以外の口内炎には、どのようなものがあるのでしょうか。

 


■ウイルス性口内炎


ウイルスの感染によるものです。ストレスや疲労による免疫機能の低下や、女性であれば月経がきっかけで発症することがあります。最も多いのがヘルペスウイルスによるもので、口唇にできれば口唇ヘルペス、口の中にできれば口内ヘルペスと呼ばれます。水疱や発疹がみられ、チクチクとした痛みや違和感がある場合もあります。複数の水泡ができ、強い痛みを伴うこともあります。治療には程度によって、抗ウイルス薬の軟膏や飲み薬などが使用されます。

 


■細菌や真菌(カビ)によるもの


カンジダ箘などのカビによる口内炎や、クラミジアや梅毒などが原因でできる口内炎があります。治療には、抗菌薬の飲み薬や抗真菌薬などが使用されます。

 


■物理的な刺激によるもの


口の中を歯ブラシで傷つけたり合わない矯正器具や入れ歯の刺激、やけど、頬の内側を噛んでしまう、などの刺激により生じることがあります。服用している薬が合わずにできてしまうこともあります。辛い食べ物や酸っぱい食べ物を食べるとしみたり、舌にできた場合は味がわかりにくくなる場合もあります。

 


この他、アレルギーが原因でできることもあります。いずれの場合も、適切な治療により治癒することができます。口内炎やその他の病気を予防するためにも、バランスの良い食事や十分な休養を心がけていきましょう。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/03/30-015853.php])

著者: はやぶささん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

口内炎に関する記事

つら~い口内炎になる前に…予防、対策法とは

  口内炎ができると、食べ物が当たって痛かったりしみたりと、思いのほか辛い...

口の中を噛んでしまうのはストレスのせい?どうしてストレスが原因になるの?

    美味しく食事をしていても、一度ガリッと口の中を噛んでしまえば、美味し...


胃が荒れると口内炎になりやすくなる?

  胃が荒れると、その影響は顔のむくみに現れることがあります。当然顔の一部...

歯茎に口内炎が出来た!どうやって対処すればいい?

  しょっぱいものや酸っぱいものを食べた時にしみるのがつらいと言われるのが...

カラダノートひろば

口内炎の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る