カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. >
  4. 症状 >
  5. むちうち症での体の不調が自律神経失調症を起こす危険が!?

関節痛・腰痛

むちうち症での体の不調が自律神経失調症を起こす危険が!?

交通事故によって起こる、むちうち症。必ずしも、首や背中の痛みを伴うものではないことを知っていますか?

 

実は意外と多いのが、自律神経失調症です。

私達の体は、自律神経によってコントロールされています。

自律神経とは一体なんでしょうか?まずは自律神経についてお話します。

 

自律神経とは?

私達の体は生きていくのに必要な器官や機能がたくさんあります。それらの器官や機能はこの自律神経によってコントロールされています。

 

自律神経は「交感神経」と「副交感神経」の2種類で成り立っています。

交感神経は主に、生命活動を活発にする働きをします。昼間の活動時にはこの神経が活発に働きます。そして反対の働きをするのが副交感神経です。主に夜間に働く神経です。睡眠時やリラックスをすると優位に働きます。

 

バランスが崩れると不調の原因に

この2つの神経のバランスが正常に保たれていないと、体調を崩したり病気の原因となります。これが自律神経失調症です。

症状は様々で、主には 頭痛やめまい、不眠、呼吸障害、体温調整できない、イライラ…などが挙げられます。

 

むちうちで自律神経失調症?

事故による衝撃で、自律神経自体にダメージを直接受けている、または、むちうちによる体の不調がストレスとなっている、交通事故がストレスになっている、などの原因から自律神経失調症になるようです。

 

むちうちによる症状がないけど、昼間頭がボーっとしたり、いらいらしたり…事故を機に突然体の不調が現れたら自律神経失調症の可能性が高いです。

 

基本的には安静を 

自律神経失調症は休養をとる、ストレスを軽減させるのが一番の治療法といえます。自律神経失調症になったら、まずはゆっくり休養をとることです。

 

また、不眠などでゆっくり休めないといった場合には、睡眠薬等を処方してもらうのもよいでしょう。

 

自律神経失調症自体を治療するという方法がないので、医師の指導のもと生活習慣で改善させる手立てを考えなければなりません。体の異変を感じたら医師へ相談しましょう。 

 

(Photo by: //www.ashinari.com/)

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

40代以降は特に注意したい頸椎症の症状

  年を取ると体のあちこちが痛んできて、病気を疑ってしまうこともあるかもしれま...

頸椎症とヘルニアの神経根症状

  首の骨は頸椎(けいつい)と言い、7つの椎骨で構成されています。    ...


首の不調による脊髄症状

  首の骨である頸椎(けいつい)を構成する7つの椎骨(ついこつ)は、のど側にあ...

むち打ち症は痛いだけではない!?耳鳴り、難聴、吐き気、嘔吐、しびれ…様々な症状が!

自動車事故で起こるむち打ち症、実は痛いだけが症状ではないんですよ。 首や背中の...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る