カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病気・症状(女性特有) >
  4. 陰部 >
  5. 萎縮性膣炎 >
  6. 女性ホルモンの低下で起こる萎縮性膣炎!閉経前後で体調を見直そう

女性のカラダの悩み

女性ホルモンの低下で起こる萎縮性膣炎!閉経前後で体調を見直そう

 

膣炎というと、体の中の膣と言う場所が炎症か何かを起こしているのだろうなと想像がつくと思います。単純な膣炎は様々な原因によって引き起こされますが、これに萎縮性という言葉がついて「萎縮性膣炎」となると、単純な膣炎とは話が違ってきます。

 

老人性膣炎とも言う

萎縮性膣炎は老人性膣炎とも言います。女性の体、特に生殖器に関する部分は約1ヶ月の単位という短い期間の中でも変化しますが、一生の中でも大きく変化していきます。生理がなかったものがはじまり、子どもができ、子どもを産み、次第に生理が消えていき、閉経となります。萎縮性膣炎が老人性膣炎と言われる所以はこの変化によって膣炎が生じることにあります。

 

加齢に伴って機能停止する女性器

妊娠出産に関係する臓器は、高齢になれば機能停止に移行していきます。それは閉経と言う目に見える変化だけでなく、体の中で静かに起こっている変化もあります。その変化の一つが女性ホルモンの分泌低下です。閉経して生殖器の機能停止が起こると、女性ホルモンの分泌ももちろん止まります。これによって萎縮性膣炎が引き起こされるのです。

 

女性ホルモン停止

女性ホルモンは分泌されている間は、それによって女性の体のリズムを作り、整える役割をしていました。それは外の環境と比較的近い場所にある膣の、防衛反応を支える働きもしていました。しかし、女性ホルモンが停止してしまうことで、その防衛能力が低下してしまい、炎症を起こしやすくなり、結果的に膣炎を生じてしまうことがあるのです。

 

更年期を代表に、閉経後の女性の体には様々なことが起こります。こうした膣炎もそれまでと同じ生活をしていても生じてしまう危険がありますので、閉経前後でそれまでの生活習慣を見直せるとよいかもしれません。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2014/01/24-384895.php?category=470])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

萎縮性膣炎に関する記事

夏に肌はより紫外線を吸収してしまう!光老化の原因と対処法とは?

皆さんは“光老化”という言葉を聞いたことがありますか?夏場に紫外線を浴びること...

萎縮性膣炎の予防にはプラセンタが良い!?ホルモンの分泌を調節してくれるんです!

  女性器は高齢になると退行期に入ります。それに伴って見られるのが退行期疾患と...


あらかじめのホルモン補充で萎縮性膣炎を予防しよう!

  女性は毎月の煩わしい生理が終わったと思ったら、次は生理が終わった(女性ホル...

女性ホルモンを塗る?萎縮性膣炎の治療

  萎縮性膣炎と言う疾患は、加齢や手術と言った理由で女性ホルモンの分泌が減少し...

カラダノートひろば

萎縮性膣炎の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る