カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. パーソナリティ障害 >
  4. 統合失調(分裂病)質パーソナリティ(人格)障害の特徴と治療

メンタル

統合失調(分裂病)質パーソナリティ(人格)障害の特徴と治療

ここでは『統合失調 “質” パーソナリティ障害』=スキゾイドパーソナリティ障害=分裂病質人格障害を扱っています。『統合失調 “型” パーソナリティ障害』と混同なきようご注意ください。

 

『統合失調質パーソナリティ障害』の特徴と治療についてまとめてみました。

 

※診断とゴールについては別ページを参照ください。

 (//karadanote.jp/13619)

 

統合失調質パーソナリティ障害の特徴

・できるだけ誰ともかかわりたくない。一人でも寂しくない。

・表情が乏しく、周囲からは何を考えているかわからないと思われがち。

・本人は大変敏感で、相手の反応や周囲の様子を複雑に感じとっている。

・おとなしく繊細なために、相手の意見を受け入れていると誤解されやすかったり、自分の意志を押し殺し、親の意見に流されて見合い結婚や進路を決めることで、のちのちその選択への違和感で受診にいたるケースがみられる。

・本人は親密にしたがる親に不快を感じ、逆に親密性の欠く子供に親は苦しみがち。

・物欲、出世欲、名誉欲、性欲など、一般的な欲に興味が低く、逆にそういったものを避けたがる傾向にある。

・自分の気に入った世界への集中力は高く、研究や地道な仕事で高い能力を発揮する。

・まわりに迷惑をかけることを嫌がったり、目立つことを避ける傾向にある。

 

治療

心理カウンセリングがもっとも有用でしょう。

 

繊細な性格と自己表現が乏しいために、周囲に流されて苦しみ、悩みを抱えるケースが多いです。親のすすめで見合い結婚をしたがうまくいかない・・・、異性に勘違いされ困っている、親がうるさい、親が子供(患者さん)を理解できない。etc.

 

心理カウンセリングを通して、患者さん本人が自分の特異な性質を理解し受け入れること、次に周囲にもその性質を個性として理解してもらう工夫をすることがもっとも有用な治療法だと思われます。

 

おとなしい性格をかえるために薬をつかったり、集団療法をおこなって、人間関係を豊かにするよう改善しようとしても本人は、基本的に苦痛がますだけで、治療自体が続かなくなるものです。

 

一旦軌道にのってしまえば、コツコツすることは得意ですので、社会の中ではたいてい役に立てます。馴染める会社で自分の思う価値観の中、マイペースに生きていくことが出来れば問題がなくなることが多いです。

 

結婚や孫、親密な思いやりを見せてほしいと言った価値観を持つ親を説得できれば、親子関係も改善する可能性が高いです。その場合、親子でカウンセリングを受けることが有用でしょう。

 

以上のような点をふまえ、「この性格のままでどう生きるか?」に焦点をあてることで解決に導かれやすいというパーソナリティ障害です。

 

統合失調(分裂病)質?型?パーソナリティ(人格)障害とは?

とても紛らわしい話なのですが、『統合失調質パーソナリティ障害』と『統合失調型パーソナリティ』と呼ばれるものがあります。これは内容が違う障害です。

 

さらにややこしい話をすると、『統合失調質パーソナリティ』は、「分裂病型人格障害」→「スキゾイドパーソナリティ障害」または「シゾイドパーソナリティ障害」へと短期間の間に国内表記が変更しています。

 

まとめると、

 

◎『統合失調 “質” パーソナリティ障害』=スキゾイドパーソナリティ障害=分裂病質人格障害

◎『統合失調 “型” パーソナリティ障害』=スキゾタイパルパーソナリティ障害

 

の二つありますのでお医者さんに病名を告げられた方、周囲にそういう病名をきいた方は混同しないように「質」なのか「型」なのか確認しましょう。 

 

ここにはこの二つがそれぞれどんなパーソナリティ障害なのかまとめてみました。

 

パーソナリティ障害とは?

かつて人格障害と言われましたが、「もって生まれた性格で治らない」と差別的にとられがちだったために、『パーソナリティ障害』に名称が変更しています。

 

先天的遺伝と後天的環境の両方から作られる感情の障害であり、様々なパターンの患者さんがいます。周囲の理解を得る努力や、本人の工夫、治療で、障害を乗り越えることが可能です。

 

パーソナリティ障害の種類

厚生労働省では「DSM」に基づき、パーソナリティ障害をA群(奇妙で風変わりなタイプ) 3種類、B群 (感情的で移り気なタイプ)4種類 、C群 (不安で内向的であることが特徴) 3種類と3タイプ10種類の分類があると紹介しています。

 

統合失調 “質” パーソナリティ障害とは?

A群(奇妙で風変わりなタイプ) 3種類の一つです。

 

特徴:非社交的で他者への関心が乏しい。人との関係を持ちたがらず、孤立した行動を望みます。一人で行動してもあまり寂しさを感じません。他人に迷惑をかけることを嫌がります。

 

本人の訴える事:一人だとうまくやれるが、共同作業が苦痛。

 

統合失調 “型” パーソナリティ障害とは?

こちらもA群(奇妙で風変わりなタイプ) 3種類の一つです。

 

特徴:会話が風変わりで、突飛な行動、奇妙な言動をする。社会に合わせることに関心が低く、独自の世界の中で生きる。独り言が多い。他人がどう感じようと独自性をつらぬきたがるが、落ち込みだすと不安が止まらず、うつや引きこもりにまで発展する。

 

本人の訴える事:人の考えはどうでもいい、自分の考えを邪魔しないでほしい。自分は一般的には理解されない。

 

以上のように、障害名は大変酷似していますが、症状は同じ風変りタイプでも、性質は全く異なりますので、本人の特徴を踏まえ、病名を混同しないようにしましょう。

 

彼らはいずれもその特徴をいかせば、社会の中で飛躍的な活躍をみせることが多いです。

 

統合失調(分裂病)質パーソナリティ(人格)障害の診断とゴール

※ここでは『統合失調 “質” パーソナリティ障害』=スキゾイドパーソナリティ障害=分裂病質人格障害を扱っています。『統合失調 “型” パーソナリティ障害』と混同なきようご注意ください。

 

ここには『統合失調質パーソナリティ障害の診断とゴールについてまとめてみました。

 

パーソナリティ障害とは?

かつて人格障害と言われましたが、「もって生まれた性格で治らない」と差別的にとられがちだったために、『パーソナリティ障害』に名称が変更しています。

 

先天的遺伝と後天的環境の両方から作られる感情の障害であり、様々なパターンの患者さんがいます。周囲の理解を得る努力や、本人の工夫、治療で、障害を乗り越えることが可能です。

 

厚生労働省では「DSM」に基づき、パーソナリティ障害をA群(奇妙で風変わりなタイプ) 3種類、B群 (感情的で移り気なタイプ)4種類 、C群 (不安で内向的であることが特徴) 3種類と3タイプ10種類の分類があると紹介しています。

 

統合失調質パーソナリティ障害の診断基準

診断にはDSM-Ⅳ-.TR精神疾患の診断・統計マニュアルが広く使われています。これをわかりやすく書き出してみました。

 

◎社会的に浮いた存在で、感情表現が周囲と異なり、20代前半までに以下の四つの感情行動が見られる場合、診断されます。

 

1)家族も含め、誰かと親密な関係を持ちたいと思わない。またはそれを楽しく感じない。

2)ほとんどいつも孤立した行動を選択する。

3)他人と性体験をもつことに興味がもしあったとしても、少ししかない。

4)喜びを感じられるような活動がもしあったとしても、少ししかない。

 

周囲との関わり、ゴール

筆者がカウンセリングでお会いしたケースでは、会社の人に関心をもたれるのがつらい、またはおとなしいためにこっそりとセクハラをうけやすい、本人がご両親とうまくいかないことを、またはご両親が本人とうまくいかないことを悩まれているというケースが主でした。

 

他の兄弟や他人と比べた時に、親との親密な関係を嫌がるため、親も本人もどちらかに問題があるのではないか?

結婚したいと思えないことで親も本人も一般的将来の青写真が描けず苦悩しがちです。

 

しかし、親子の距離はこれでいい! 人生は結婚や出産だけではない! と独自性を認め合えれば、社会の中で大きなトラブルをおこすこともききませんし、生活上問題がないことが常です。   

 

以上のような点をふまえ、個性として受け入れ、個性を社会や親子関係の中で生かしていければ、障害という悩むべき性質ではなく、『役に立つ独自性へ変換する』ことが、わりとたやすいパーソナリティだと筆者は感じていますし、専門書においても無理に人間関係を活発にさせようとするよりも、「この性格のままでどう生きるか?」に焦点をあてることで解決に導かれやすいという明記を多く見かけます。

 

(Photo by:http://pixabay.com/ja/%E5%8B%95%E7%89%A9-%E7%99%BD%E9%B3%A5-%E9%B3%A5-%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%88-%E3%82%B9%E3%83%AF%E3%83%B3-%E3%82%A2%E3%83%92%E3%83%AB%E3%81%AE%E9%B3%A5-%E7%99%BD-%E3%82%A8%E3%83%AC%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%88%E3%81%A7%E3%81%99-197954/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-20掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

パーソナリティ障害に関する記事

強迫性パーソナリティ障害(人格障害)の特徴とゴール

  強迫性パーソナリティ障害の方はどのような治療やゴールが望ましいのでしょ...

情緒不安定性パーソナリティ(人格)障害の診断基準とは

日本での精神障害に関する診断に用いられている「ICD」では、パーソナリティ障...

カラダノートひろば

パーソナリティ障害の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る