カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. ダイエット >
  4. 食事 >
  5. 食材 >
  6. >
  7. ヘルシーなイメージの魚!低カロリーのものを選ぶには?

美容・ダイエット

ヘルシーなイメージの魚!低カロリーのものを選ぶには?

魚は肉に比べて低カロリーでヘルシーな食材。

ただし、魚にも脂肪が含まれるので、選ぶ際には注意が必要です。

ここでは魚のカロリーについてまとめてみました。

 

低カロリーな白身魚

魚は種類によって脂肪の量が異なります。

 

メインは白身魚、ときどき青魚もプラスして

タラ、カレイなどの白身の魚は、イワシやサバなどの青魚に比べて低脂肪、低カロリーです。

とはいえ、青魚に多く含まれるDHAやEPAなどの脂肪は、コレステロール値を下げるなど有効な働きもするため、きちんと摂りたいもの。

カロリー面では白身魚を中心に選びつつも、いろいろな魚をバランスよく食べるのが良いといえます。

 

白身魚と赤味魚の違い

白身魚とは、タイやヒラメ、カレイ、アイナメ、カサゴ、アンコウ、キスなどのことをいいます。

赤身魚とは、マグロやカツオ、イワシ、アジ、ブリなどのことです。

 

白身と赤身で異なるのは、筋肉の質の違い。

疲労せずに長時間動き続ける必要のあるマラソンランナーの筋肉や、大洋を泳ぎ続ける回遊魚の肉は、エネルギーを作り出すミトコンドリアや、細胞内に酸素を蓄えるためのミオグロビンを豊富に含み、鉄を含んでいるため赤く見えます。

一方、素早い動きが必要な卓球選手の筋肉や、普段は砂の中にじっとしていて、いざというときにサッと動く必要のあるヒラメの肉などは、ミオグロビンやミトコンドリアが少なく白く見えます。

主な魚のエネルギー(100gあたり)

白身の魚

タラ:77kcal

カレイ:95kcal

アマダイ:113kcal

アジ:121kcal

サケ:133kcal

さわら:177kcal

 

赤身の魚

・サバ:202kcal

・イワシ:217kcal

・タチウオ:266kcal

・サンマ:310kcal

 

切り身魚は背側を選ぶ

おなかの周りに脂肪がつきやすいのは、魚も人も一緒。

ブリなどは背身、腹身で分けて売られていますので、低カロリーのものを選ぶなら、背側を選ぶようにしましょう。

マグロやかつおなど大きめの魚は、腹側の部位のほうに脂が多くトロと呼ばれます。

高エネルギーなので注意が必要です。

 

ヘルシーな魚でも、部位によっては牛肉や豚肉と同様のカロリーになります。

栄養価も高いですが、低カロリーを意識する人は摂りすぎに注意したいですね。

(Photo by://www.ashinari.com/

著者: seasideさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

カラダノートひろば

魚の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る