カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. ダイエット >
  4. 食事 >
  5. 飲物 >
  6. お酒のカロリーと度数の関係 度数が高いものほどカロリーも高い!

美容・ダイエット

お酒のカロリーと度数の関係 度数が高いものほどカロリーも高い!

 

ダイエット中でもそうでなくても、気になるお酒のカロリー。できるだけ低カロリーなお酒を選びたいとき、度数がひとつの目安となるようです。

 

■度数が高いものほどカロリーも高い

ワイン、焼酎、ビール、日本酒といった一般的なお酒のカロリーと度数を比較してみると、以下のようにアルコール度数が高いものほどカロリーも高いことがわかります。

 

・赤ワイン(アルコール度数12%):100mlあたり約70kcal
・焼酎(アルコール度数25%):100mlあたり約140kcal
・焼酎(アルコール度数12%):100mlあたり約67kcal
・ビール(アルコール度数5.0%):100mlあたり約42kcal
・日本酒(アルコール度数15%):約105kcal

 

とくに気を付けたいのは日本酒。とっくり1本、1合(180ml)で200kcalもあります。これはごはん1膳とほぼ同じカロリー

アルコールのカロリーは体内に残りにくいものが多いですが、糖質由来のアルコールは体内に残る糖質の量が多く、高カロリーとなる傾向があります。甘口のワインにも同様のことがいえます。

 

■日本酒を飲むなら辛口を選ぶ

日本酒は糖質もアルコール度数も高く、高カロリーになりがちなアルコールですが、「辛口」のものを選ぶと、酵母菌が糖質を分解してしまっている量が多いため、残糖量が少なくなく、カロリーも抑えられます。辛口のワインも同様です。

 

■カロリーで選ぶなら日本酒よりも焼酎

焼酎などの蒸留酒は、製造工程でアルコール分を取り出すため、残糖量は少ないと考えらます。さらに、お湯や炭酸などで割って飲むことが多いため、アルコール度数が下がり、カロリーも抑えられます

 

ジュースや糖分の高い炭酸水で割らずに、お湯や水で薄めに割り、ゆっくりと飲むのがおすすめです。

 

■ビールは量に注意

ビールは比較的低カロリーですが、量を飲んでしまうので要注意。焼酎のように割ることもできないので、ついつい進んでしまいますが、トマトジュースと割ってレッド・アイにしてみたり、氷を入れて飲むというのもおすすめです。

 

 

度数の高いアルコールはカロリーも高いということを意識したうえで、からだのためにも強いお酒はちびちびと少しずつ飲むようにしたいですね。

 

Photo by://www.ashinari.com/2012/12/20-374343.php

著者: seasideさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

飲物に関する記事

ダイエットの天敵は水?!水で太るって本当?水太りのメカニズム

ダイエットをしたい人にとって、自分の体質についてきちんと理解することは非常に重...

水を体の中に溜めてしまう水太りタイプ…水を停滞させない体にするにはどうすればいい?

  体の中の水分が過剰になると、その水分がむくみとして溜まってしまって、ぶよぶよ...


朝食に「バターコーヒー」を摂取するだけで大きなダイエット効果がある?!その真偽とは

近年、米国で話題となっているダイエット法のひとつに「バターコーヒー」を摂取す...

ダイエット効果に健康効果と盛りだくさん☆毎日飲む習慣をつけたい!にがうり茶の作り方

一般的には炒め物などで食べられることが多いのが、にがうりです。 鮮やかな緑にイ...

カラダノートひろば

飲物の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る