カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. ダイエット >
  4. 食事 >
  5. カロリーが気になるときに心がけたいアルコールの選び方

美容・ダイエット

カロリーが気になるときに心がけたいアルコールの選び方

 

 

 アルコールが大好き、でもカロリーが気になる。そんな人は、カロリーオフ、糖質オフと書かれたものを選ぶ以外には、どのようなことに気を付けたら良いのでしょうか。

 

ワインを飲むときは

アルコール由来のカロリーは、比較的代謝が早く、体内に残りにくい特徴があります。しかし、 糖質由来のカロリーは、体内に溜まりやすいと言われています。そのため、甘口の日本酒や甘口のワインなどは糖分がからだに残りやすく、カロリーは高めになります。

 

ワインにはポリフェノールなどからだに嬉しい成分も入っていますが、カロリーが気になるところ。そんな人には、ワインを炭酸水で割った「スプリッツァー」がおすすめです。

 

ワイン1杯のカロリーは約100kcalあるのに対し、スプリッツァーなら約50kcalと、半分程度に抑えられます。

 

同じ量ならビールを

日本酒や焼酎、ビールなど、もしも同じ量を飲むのなら、日本酒やサワーよりもビールの方が低カロリーです。350ml入りの缶ビール、発泡酒のカロリーの一例をあげると、

 

・麒麟淡麗生(350ml):158kcal

・アサヒスーパードライ(350ml):147kcal

・サッポロ北海道生搾り(350ml):158kcal

・アサヒ本生(発泡酒・350ml):151kcal

・バドワイザー(350ml):144kcal

 

と、およそ150kcal前後になっています。 

これに対し、缶チューハイやサワーでは、

 

・canチューハイ レモンサワー(350ml):207kcal

・グビッ酎ピーチハイ(350ml):179kcal

・ザ・カクテルバーカシスソーダ(200ml):126kcal

・ウメッシュ(250ml):163kcal

 

と、ビールよりもややカロリーが高めです。

カロリーが高くなるのは、やはり糖質を加えているから。甘いお酒は高カロリーのうえ、口当たりが良いので飲みすぎてしまいがちです。

 

甘くて低カロリーなシードル

甘いお酒が飲みたいけれどカロリーが気になるとき、おすすめしたいのが「シードル」。

シードルはリンゴを発酵させて作ったアルコールで、低カロリー、低アルコールなお酒です。

 

リンゴの糖質が酵母によって分解されているため、ほんのり甘い程度のさわやかな味。いくつかのメーカーからも市販されていますし、自宅で作る人もいるようです。

 

基本的に、アルコール度数の高いお酒は高カロリー。

糖質が加えられていない炭酸で割ってアルコール度数を下げたり、かさを増やしてアルコール量を抑えるように工夫しつつ、適量を守ってお酒を楽しみたいですね。

 

冬のダイエットは飲み物から!おすすめは白湯やシナモン・ジンジャー系の飲み物です☆

冬は本来代謝が上がりやすいものの、イベントなどで太りやすくもある季節です。

ここでは冬のダイエットと飲み物の関係についてみていきます。

 

ダイエットそのものには運動なども必要ですが、それを補助するものとして、飲みたいもの・飲んではいけないものを紹介します。

 

朝一番には白湯を飲もう!

冬のおすすめドリンクの中でも、特におすすめしたいのが白湯です。一度沸騰させたお湯を少し冷まして飲みやすい温度にするだけでOKです。

 

この白湯ですが、朝一番に飲むことでお腹をじっくり温めることが出来ます。体温の低い朝こそ飲んでおきたいドリンクです。

 

それだけではなく血液・リンパの流れをよくしてくれるので、むくみ解消にも役立ちます。

また、腸付近を温めて、腸の動きをよくすることから、便秘解消にも向いている飲み物です。

 

カフェのメニューならシナモン系をチョイス!

ふらっと入ったカフェで何か飲もうと思った時は、シナモン系の飲み物をチョイスすることをお勧めします。

シナモンは体を温めてくれる効果があるので、シナモンラテ、シナモンアップルティーなどを選んでみてください。

同じように体を温める飲み物にはしょうが(ジンジャー)もあります。

 

炭酸飲料・ジュースは控えめに!

 

逆に、冬のダイエットで飲むのは控えておきたいのが炭酸飲料やジュースです。これらは大体が冷たいので、体を冷やしてしまう傾向にあります。

 

そして炭酸飲料にもジュースにも、砂糖が大量に含まれていることから、ダイエットにはあまり向いていません。

フルーツ系の飲み物が飲みたいときは、100%果汁のものを選ぶようにしてください。また、炭酸も甘いものでなければOKです。

 

冬は甘いものが飲みたくなることも多いかもしれませんが、生クリームの乗ったものを選ぶよりも、体を温めるココアを飲みましょう。

 

飲み物だからと油断はダメ!実は高カロリーな飲み物

ダイエットを行う際、食べ物のカロリーばかりに注目している人が多いのではないでしょうか。確かに、食物から摂取するカロリーが大部分を占めている場合が多いでしょう。しかし、自分が一日を通じて何を飲んでいるのか、一度思い返してみることも大変重要です。意外と、高カロリーな飲み物を摂取しているかもしれません。では、どのような飲み物が高カロリーなのか、見ていきましょう。

 

高カロリーな飲料

炭酸飲料

今では、缶よりも500mlのペットボトルが主流となった炭酸飲料ですが、100mlあたりだと40-50kcalとそれほど高くないようなイメージがあります。しかし、ペットボトル1本あたりで換算すると200-250kcalとなり、実は高カロリーです。

 

ゼリードリンク

手軽に摂取できるものとして、様々なゼリータイプのドリンクがあります。これらのほとんどはカロリーが高く、約200kcal前後あります。朝食など主食の代わりとして利用する場合は良いのですが、ごはんや他の食事に加えて摂取する場合には、合計カロリーに注意しましょう。

 

タピオカドリンク

タピオカドリンクは、タピオカの食感も楽しむことができる人気の飲み物です。タピオカは炭水化物なので、その分高カロリーになってしまいます。そして、飲み物そのものにミルクティーなどの甘い飲料を使用していると、カロリーは300kcal近くなる場合もあるので、注意が必要です。

 

高カロリーなアルコール

お酒を飲む場合に覚えておきたいのは、お酒の種類でカロリー量は大きく違うということです。1-3位は、ラム、ウィスキー、ブランデーとアルコールが高いお酒がランクインしています。これらは、一度に大量に飲むというお酒ではありませんが、炭酸飲料などと割って(例えばラムコークなど)たくさん飲むと、結果的に高いカロリーを摂取してしまうこととなります。これらのようなお酒を飲む場合は、割るものにも注意を払った方がよいでしょう。

 

飲み物は食べ物と比べて、カロリーが低いと感じている人が多いと思いますが、上記のような点からも、実は高カロリーな飲料がたくさんあるます。ダイエットを目指す方は気をつけましょう。

 

朝食に「バターコーヒー」を摂取するだけで大きなダイエット効果がある?!その真偽とは

近年、米国で話題となっているダイエット法のひとつに「バターコーヒー」を摂取する、という方法があります。 

 

このダイエット法は、デイヴ・アスプリー氏というIT企業家が著書『シリコンバレー式自分を変える最強の食事』に紹介したもので、自身がバターコーヒーを毎朝食として摂取したところ、運動なしで50kgの減量に成功したと述べられています。

 

このダイエット法の理論や実際の手順、安全性についてはどうなのでしょうか。

 

『シリコンバレー式自分を変える最強の食事』とは?

以下は、書籍『シリコンバレー式自分を変える最強の食事』の内容を要約したものです。

 

具体的なダイエットの手順

・「完全無欠コーヒー」によるダイエット法

(発酵バター+MCTオイルをそれぞれ大さじ1~2杯分コーヒーに入れてミセル状に攪拌したもの)

 

・使用するバターは特殊な発酵バター

(「グラスフェッドバター(牧草飼料の割合が高い高品質バター)」、「ブレス酸バター」、「AOP認証バター」など)

 

・もしくはバターの代用として「ココナッツミルク大さじ4杯」+「MCTオイル(中鎖脂肪酸)大さじ2杯」を使う(体重65kgの場合)

 

具体的なダイエットの効果

・このダイエット法によって、50kgの体重減量とIQ20ポイントのアップ効果があった。

 

・毎日運動なしで4000kcal摂取を行っていたときも、ダイエット法の継続によってやせた体をキープできた。

 

完全無欠コーヒーの理論とエビデンス

■バター・MCTオイルの効果

・空腹時には腸内細菌が「絶食誘導脂肪因子(FIAF)」というタンパク質を生成し、これが脂肪蓄積にかかわる「リポ蛋白リパーゼ」を阻害する。

 

・糖質やでんぷんが供給されると「FIAF」生成がストップし、脂肪蓄積させてしまう。

 

・MCTオイル、なかでも炭素数が最小のカプリル酸(C8)は脂肪を貯蔵しようとする腸内細菌を妨げることができる。

 

・バターの酪酸塩は腸を清め、脳の炎症を低減する。

 

■コーヒーの効果

・イリノイ大学によると「神経変性疾患に関わる脳の炎症は、カフェインに阻害効果がある」

 

・カフェインは健康な人のインスリン感受性を高める効果がある。

 

・コーヒーに含まれるポリフェノールは、痩せに関連するバクテロイデス菌の増殖を促進する。

 

■その他

・実際の筆者の便検査では、バクテロイデス菌(痩せに関係する)は平均よりも多く、ファーミキューテス菌(肥満に関係する)は少なくなっていた。

 

・ラットの実験では「インスリン抵抗性」ができた(低糖質食では見られる現象なので、これを予防するために少なくとも1週間に1度は適量の炭水化物を摂ることを推奨)。

 

安全性はどうか?

さまざまな文献(Pub Medなど)を参照した結果、安全性に関しては以下の内容が分かりました。

 

<安全性が確認されている点>

・バターは適量摂取では、善玉コレステロール+悪玉コレステロール両方を増やすため、動脈硬化の大きなリスクにはならないと考えられている(ただし、過剰摂取は例外)

 

・コーヒーの摂取は「認知症・動脈硬化・抗肥満」などに対し、多くのエビデンスがある。

 

・MCTオイルの長期使用の安全性はエビデンスがある。

 

<安全性に疑問が残る点>

・グラスフェッドバターには不飽和脂肪酸が多いとされているが、固体であるところから考えても、通常のバターとそれほど比率は変わらない。

 

・MCTオイルを使うことで、逆に体重が増えたという症例もある。

 

・空腹時にコーヒーを摂取することは胃に負担をかける可能性がある。

 

・抵糖質食と同時にこのダイエット法を行う場合、インスリン抵抗性を防ぐために1週に1度の炭水化物の摂取を行った場合、「グルコーススパイク」による膵臓と血管への負荷がかかる可能性がある。

 

このダイエット法によって、体重減量に成功したという声もウェブサイト上にいくつか見られましたが、前述のように「空腹時にコーヒーを飲む」「毎日バター26gを摂る」「糖質制限を間歇的に行う」などに関しては長期的な健康への影響がはっきりしていない(中には悪影響を与えるという文献もある)という側面があります。

 

もし本格的に取り入れたいという場合は、かかりつけの医師などに一度意見を伺ってみることは必要ではないでしょうか。

 

便秘茶センナの毒にご注意を!!

体にとってセンナは猛毒です。

便秘解消にセンナ茶を飲み続けることは、実はたいへん危険なこと。

飲まないとお通じが来ないからと、センナを飲むのをやめられない人はすでに危険信号です。

 

センナは植物なので、植物性のお茶と言うと便秘薬や下剤とは違って体によさそうだと思っていませんか?

しかしセンナは便秘薬(下剤)の主原料になっている植物です。

 

薬だと健康に悪そうだけど植物性のお茶なら安全そうだと思っている人は大間違い。

センナ茶を飲むイコール便秘薬を飲んでいるのと同じことです。

 

センナ茶を飲むと排便ができるしくみ

・腸に毒(センナ)を入れます

・腸は体を守るために毒(センナ)を排出しようと働きます

・毒が便と一緒に出ます

 

ふだん働いてくれない腸を働かせるいい薬のようにも聞こえますが、毒がひんぱんに入ってきたら腸には大きな負担がかかります。

 

薬で働かせていると腸は弱ってますます自分の力で働けなくなってしまいます。

また、同じものを飲み続けていると体が慣れてしまい、だんだん効果は薄れていきますよね。

 

効かなくなったら下剤の量を増やす・お茶を濃くして飲むなど、センナに頼っていると体がマヒして自然な便意を感じることができなくなり、自然排出もできなくなってしまいます。

 

センナがなければ便を出せないセンナ中毒

そうなれば一生薬やお茶を飲み続けるか、もっとひどくなれば医者の世話にならなければならなくなる可能性だってあります。

お金かかりますよ・・・。

 

ただ、センナもタバコと一緒で飲んではダメなものというより飲まない方が良いものなので、便秘対策にセンナを利用する場合は、飲む回数を減らして下さい。

 

センナの利用は毎日快便にこだわらず週1回や月に2~3回程度、溜め込んでしまったものを出す気持ちで。

 

Photo by:http://www.ashinari.com/2012/11/14-372938.php

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-03-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食事に関する記事


絶賛ダイエット中だけど、この方法ならケーキ食べてもOKって本当?

甘いモノの誘惑に打ち勝つのはなかなかの試練です。 ダイエット中こそ「食べち...

食べ方を変えて太らない食事を☆

同じカロリーの食事でも、太る食事になるのか、痩せる食事になるのかは食べ方で...

カラダノートひろば

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る