カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病気・症状(女性特有) >
  4. 陰部 >
  5. 萎縮性膣炎 >
  6. 前身?局所?女性ホルモンを補充する選択肢

女性のカラダの悩み

前身?局所?女性ホルモンを補充する選択肢

 

閉経後の女性に多く見られる疾患に萎縮性膣炎という疾患があります。老人性膣炎と呼ばれることもあるこの膣炎は、必ず治療が必要になるわけではありませんが、放っておくと外陰部が癒着してしまうような症状があらわれる場合もあります。

 

 

萎縮性膣炎の治療:ホルモン補充

萎縮性膣炎は女性ホルモンの減少によって膣の健康が害されることで起こります。そのため、減少した女性ホルモンを補ってあげることが治療において重要になりますし、抜本的な治療方法になります

 

HRT(ホルモン補充療法)

HRTとは閉経などの原因で体内で不足してきた女性ホルモン(エストロゲン)を、飲み薬などで全身的に補充する療法です。特にこの全身的な治療方法を選択する際には、更年期障害などの他の疾患を併発している場合に積極的に選択されるようです。

エストロゲンを補充することによって膣の状態が安定してきて、膣の炎症が治まってきます。しかし、長期間の服用などでまだ体に不具合が生じる可能性も指摘されていますので、よく説明を受けて考えてから行うとよいでしょう。

 

局所ホルモン補充

上記のホルモン補充療法は全身的な方法ですが、萎縮性膣炎は膣の状態が改善できれば良いのですから、女性ホルモンを局所投与するという方法もあります。局所投与であれば、HRTで懸念されるリスクを小さくすることができます

そのためHRTのリスクを避けたいという場合には局所投与を選択するのがよいでしょう。女性ホルモンの局所投与には膣剤や塗り薬などの選択肢があります。

 

その人の状態によってどちらを選択するべきかは大きく違います。医師と十分に相談して様々なリスクを考えた上で、どの方法を実際に行うか決定するのがよいでしょう。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2008/12/13-011079.php?category=393])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

萎縮性膣炎に関する記事

夏は光老化に注意!光老化によって老化がさらに進む!?光老化と紫外線の関係について

夏は日差しが強く日焼けの心配をする人は多くいますが、光老化について気にしてい...

萎縮性膣炎の投薬治療~女性ホルモンを増やす治療!~

  口は外の世界に対して開かれている体の器官です。これと同様に膣も外界に対して...


夏の光老化の原因である"紫外線A波"に要注意!A波を防ぐにはどうしたらいい?

夏は紫外線が強い季節ですが、特に光老化を防止する上でも紫外線A波に注意が必要...

萎縮性膣炎の予防にはプラセンタが良い!?ホルモンの分泌を調節してくれるんです!

  女性器は高齢になると退行期に入ります。それに伴って見られるのが退行期疾患と...

カラダノートひろば

萎縮性膣炎の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る