カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 基礎知識 >
  4. 高齢者の身体の変化 >
  5. その他 >
  6. 夜明け前に目覚める…年を取ると眠れなくなるのはなぜ?

介護・認知症

夜明け前に目覚める…年を取ると眠れなくなるのはなぜ?

高齢になると一般的に睡眠時間が少なくなると言われています。加齢と睡眠の関係を見ていきましょう。

 

●睡眠時間が減るのは正常な老化

研究によって、健康な成人であれば年と共に徐々に睡眠時間が減るということがわかりました。

 

イギリスで行われた加齢と睡眠時間に関する研究では、いずれも健康な成人のうち、20歳から30歳を若者、40歳から55歳を中年、66歳から83歳を高齢者としました。

 

その睡眠時間を調べたところ、若者に比べて高齢者は43分短い平均睡眠時間となりました。また、中年は若者に比べて23分短い平均睡眠時間でした。

 

上記のように、加齢に伴って段階的に睡眠時間も短くなるということが、この研究でわかりました。

 

●睡眠時間が減って大丈夫なの?

若者よりも平均で40分、場合によっては1時間以上、高齢者の方が睡眠時間が少ないということが分かりました。

 

上記の研究を行った教授によると、高齢者が若者よりも1時間程度睡眠時間が少なくても問題はない、としています。というのも、若いころと違って、昼間に心理的な負担、体力的な負担が少なくなることから、必要な睡眠も少なくなると考えられるためと言われています。

 

●高齢者の不眠

高齢になるにつれて睡眠時間が短くなることは、大きな問題はないことが多いです。ですが、それはあくまでも昼に眠気を感じない、日常生活を妨害する問題が起きていないときに限ってです。

 

夜に眠れず昼にひどい眠気がする、夜に眠れないせいで日常生活に問題が起きているのであれば、医療機関の受診が適切です。

(Photo by //www.ashinari.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

隠れ肥満の『サルコぺニア』はレジスタンス運動で予防・解消!

    体重の増加から「太ったなぁ」と感じる人も多いと思います。しかし実は体重の...

サルコペニア対策に!筋肉増加・強化に欠かせない必須アミノ酸

  近年隠れ肥満として少しずつ知られるようになってきたサルコぺニア肥満というも...


加齢と共に脂肪が気になる方は要注意?サルコペニアと診断される条件とは

  加齢によって体の機能が低下していくのは、特筆することでもない、ごく当たり前の...

サルコぺニア診断における筋肉量の測定法

  主に加齢によって引き起こされる筋量の低下を指す、サルコぺニアは、診断方法や...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る