カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊活 >
  4. 男性不妊 >
  5. 不妊の原因は女性側?男性側?知っておきたい!不妊の原因と治療の種類

妊娠・出産

不妊の原因は女性側?男性側?知っておきたい!不妊の原因と治療の種類

 

世界保健機関によれば、「不妊」とは避妊をしていないにも関わらず、1年たっても妊娠しない状態のことを言います。

 

日本では、妊娠を望むカップルの中で約10%が不妊に悩んでいると考えられています。

おおよそですが、男性に問題があるケースが約4割、女性に問題があるケースが約5割、残りの1割は原因不明と考えられています。

このように、不妊は女性だけが原因では決してないのです。 

 

不妊の原因

不妊の原因は女性だけではありません。

男性原因の不妊も、全体のおよそ半分の割合であると推定されています。

不妊治療の始まりは、不妊の原因をさまざまな検査などから見つけ出すことにあります。

 

一般的に、女性側の不妊原因で一番多いものは「卵管障害」です。

卵管とは、精子や卵子、受精卵の通り道であり、妊娠するためにはとても重要な場所です。

卵管は非常に細いため、少しの炎症で通路が詰まってしまったり、狭くなったりしてしまうことがあります。

炎症が起こる原因には、クラミジアなどの性感染症や癒着を起こした子宮内膜症が卵管をふさいでしまうこともあります。

 

次に、男性側の不妊原因でもっとも多いものは「造精機能障害」です。

これは、精子を作る能力が低いか全くない状態、または精子の動きが悪い状態をいいます。

原因は精巣やホルモン分泌の異常だと考えられています。

 

女性側の不妊原因

女性側の原因による不妊は、受精から着床までのどの段階が阻害されているかで、1卵管因子、2排卵因子、3子宮因子、4頸管因子の4つに分けられます。

 

このうちで最も多いのは、1卵管因子で、女性の不妊原因の3~4割を占めると言われています。

次に2排卵因子で1~2割、3子宮因子と4頸管因子は1割ほどずつと推定されています。

 

1.卵管因子

卵管が性感染症などにより炎症を起こしている場合や、子宮内膜症などで周囲と癒着している場合は受精卵が運ばれるのを妨害してしまうため、不妊につながります。

 

2.排卵因子

ホルモンバランスの乱れや、卵巣の機能低下などで、排卵障害が起こっている場合は不妊につながります。

 

3.子宮因子

子宮筋腫や子宮内膜ポリープがある場合、受精卵の着床を阻害する場合があります。

また、ホルモンバランスの乱れなどから、子宮内膜に受精卵が着床しにくくなる場合もあります。

 

4.頸管因子

子宮の入り口である子宮頸管から分泌される粘液は、精子が子宮内にスムーズに入り込むサポートをしています。

その粘液が排卵期に十分出ていない場合は、精子が子宮内に入りにくくなります。

また、

精子に対して「抗精子抗体」が作られてしまうことがあり、この場合も精子の子宮内への侵入が阻害され、不妊の原因になってしまいます。

 

男性側の不妊原因

男性側の不妊原因で一番多いものは「造精機能障害」で、男性の不妊因子のおよそ7割を占めると言われています。

他にも以下のような原因があります。

 

1.造精機能障害

精巣で精子が十分に作られないと、受精が行われる卵管膨大部にたどり着ける精子の数が減少して受精しにくくなります。

 

2.精子輸送路の閉塞

精子は精管から精巣を通って放出されます。

精巣上体炎や前立腺炎などにより、その経路のどこかが閉じていたり狭くなっていると、精液中に精子が十分に含まれなくなります。

 

3.勃起・射精障害

勃起しない、または勃起しても持続力がない場合を勃起障害(ED)、勃起はするけれど、精液が十分に出ず射精できない場合を射精障害といいます。 

 

不妊治療には「原因治療」「迂回治療」がある

不妊治療には不妊の「原因治療」と、不妊原因を回避する「迂回治療」があります。

ほとんどの場合は、さまざまな検査で見つかった不妊原因の治療をおこないますが、現在の医学では治療が困難であると判断された場合は、体外受精などの迂回治療を行います。

特に女性が高齢の場合は、迂回治療を行うことも多いようです。

 

不妊の原因を治療する方法(女性)

不妊治療には、不妊の原因を治療する方法と、人工授精や体外受精などによる原因を避ける治療方法があります。

当然ですが、女性と男性どちらに原因があるかでも治療方法が異なります。

 

まず、女性に不妊の原因がある場合、その原因を治療する方法は以下の3種類があります。

 

1.タイミング療法

基礎体温をつけたり、排卵を促すホルモン量を調べます。

排卵日を特定し、その日に合わせて性交渉を行うことで、妊娠の確率を上げる方法です。

 

2.薬物治療

ホルモン療法が中心で、排卵を促すホルモン剤の服薬、排卵誘発剤の注射などが行われます。

タイミング療法と組み合わせて行われることも多いです。

 

3.外科手術 

子宮内膜症や筋腫、ポリープが不妊の原因になっている場合は、外科手術によってそれらを切除します。

 

不妊の原因を治療する方法(男性)

次に、男性に原因がある場合は以下のような治療が行われます。

 

1.薬物治療

精子の数が少ない(乏精子症)や運動率が低い(精子無力症)の場合に行われます。

ホルモン剤や抗菌薬、漢方薬、ビタミン剤が使用されます。

 

2.外科手術

男性不妊患者に多くみられる「精索静脈瘤」が原因で精子の数の減少が起こっている場合には、手術が行われます。

 

不妊の迂回治療について

迂回治療とは、女性が高齢の場合や不妊原因の治療が難しい場合などに、その原因を避けて妊娠へと導く治療方法です。

迂回治療には以下のような種類があります。

 

1.人工授精

女性の排卵期に合わせて、男性の精液を子宮内に注入する方法です。

卵管が閉塞していないことが前提となります。

 

2.体外受精

卵管に障害がある場合や、人工受精に何度も失敗している場合に行われます。

強いホルモン剤を使用して排卵を誘発し、卵子を採取して体外で受精して胚まで育ててから子宮内に戻します。

 

3.顕微受精

男性の精液中に精子がない場合や、卵子培養液に精子を加えても受精しない場合に行われます。

精子を卵子に注入する時に顕微鏡を使って行うので顕微授精と言われます。

無精子症の場合でも、精巣や精巣上体から精子を採取できることがあります。 

 

 

不妊の原因はカップルごとに違いますので、不妊治療はその原因を明らかにした上で進められます。

1回の検査では原因がはっきりしないことも多いようで、その場合は時間をおいて2回目(もしくは3回目)の検査を受けてから、診断をおこなう場合もあるようです。

 

不妊治療は男女でサポートしましょう

不妊には男性と女性それぞれに原因があります。

どちらにも原因が見つからないときは、性交渉のタイミングと排卵期がずれている場合や、単に回数が少なく、妊娠のタイミングを逃しているということも考えられます。

 

不妊治療は2人でおこなうものですので、お互いにサポートし合いながら取り組みましょう。

 

(Photo by:[//free-photos.gatag.net/2014/01/12/190000.html]) 

著者: fuji-444さん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

男性不妊に関する記事

男性の妊活!今ひとつ元気がない時はサプリメントで精力アップ!

二人で楽しんで、協力して初めて妊娠につながります。女性の妊活についてクローズア...

男性は女性の化粧品やヘアスプレーに注意!男性不妊の原因はフタル酸エステルだった!?

妊娠を望むカップルにとって、女性だけではなく男性の妊娠力も大変重要です。 ...

男性不妊の体験談

夫のおたまじゃくしちゃんが元気がないと分かって〜鎌倉・長谷寺〜

私たち夫婦は 夫:乏精子症(両側精索静脈瘤) 妻:両卵管閉鎖、AMHが0.83 で顕微授精の道...

高血圧と不妊症の関係

我が家には高血圧管理手帳というものがあります。血圧というのは毎朝おきてすぐに立ち上がったりせずにはか...

カラダノートひろば

男性不妊の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る