カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 腎臓・膀胱・尿管 >
  4. 結石 >
  5. 突然の激痛…尿管結石の治療法!内視鏡あるいは衝撃波でも治療ができる!

気になる病気・症状

突然の激痛…尿管結石の治療法!内視鏡あるいは衝撃波でも治療ができる!

 

尿管結石と言う疾患を発症すると突然の激痛に襲われます。そのため自分の体にどんな大変なことが起こったのだと思って、慌てて救急車を呼んで病院に行くということがあるようです。

 

 

尿管結石とは

尿管結石の多くは腎臓の中で結石が生じることで起こります。その結石が尿と共に流されて、尿管で詰まったり溜まったりして尿の流れを制限してしまうことで尿管結石が生じるのです。

 

以前はメス

尿管結石の治療方法は1980年前後で大きな変化をしたそうです。それまではメスを入れるような大がかりな手術によって結石を除去していました。メスを必要とする手術は患者さんの体に傷を作る必要があることで回復に時間がかかることや、麻酔が必要ということで時間的にも身体的にも患者さんに負担をかけるものでした。

 

今は内視鏡か体外衝撃波

尿路結石の手術方法はメスを必要としない手術が可能になっています。その方法は内視鏡による治療か体外衝撃波を用いた結石破砕術です。

 

内視鏡での治療方法

…内視鏡を使用する砕石術には、PNL(経皮的腎砕石術)とTUL(経尿道的尿管砕石術)の二つがあります。PNLは皮膚と腎臓に直径1㎝程度の穴をあけて、内視鏡のレンズ越しに砕石する方法なのに対して、TULは尿道から逆行して内視鏡を尿管まで挿入し、レンズ越しに砕石する方法です。TULは特に骨盤内の尿管結石に対して用いられるようです。

 

体外衝撃波での治療方法

体の外から結石が確認される場所に衝撃波をあて、砕石します。衝撃波によって他の器官が害されることはなく、治療成績も良好なようです。

 

結石の治療と言っても、症状として見られる痛みの大きさに比べて治療は比較的簡単にできてしまうものです。長い尿管の中で結石ができた場所によって、選択肢は多少異なるようですが、どの方法も比較的安全に行える方法です。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2008/11/07-010089.php?category=393])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

結石に関する記事

尿路結石に「カルシウム摂取」が推奨されている?朝昼摂取がOK、夜間摂取がNGである訳とは

尿をろ過し排泄する管に結石が出来る疾患を、尿路結石または腎臓結石と言います。この...

尿管結石予防のためには、カルシウムとシュウ酸!

  尿管結石は代謝医機能の異常などが原因になることもありますし、食生活から引き...


原因不明な腎結石は「シェーグレン症候群」が原因である可能性?遠位尿細管性アシドーシスとは

近年、尿路・腎結石は多因子疾患であること(遺伝・年齢・生活習慣・環境要因などが複...

カルシウム補給?薬剤?尿管結石の予防法の選択肢

  尿管結石は信じられないくらいの激痛が伴う症状が特徴の疾患です。この激痛が治...

カラダノートひろば

結石の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る