カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 腎臓・膀胱・尿管 >
  4. 結石 >
  5. 20歳~40歳くらいに多い尿管結石!手術以外の治療法方とは

気になる病気・症状

20歳~40歳くらいに多い尿管結石!手術以外の治療法方とは

 

20歳~40歳くらいの働き盛りの人に多い病気に尿管結石と言う病気があります。これは尿管の中に結石ができて尿の流れを妨げてしまうもので、症状として激しい痛みが特徴です。

 

 

尿管結石の治療方法は、できた結石の大きさや引っかかっている場所によって異なります。ただし、痛みの大きさに比べれば、結石自体の危険性は非常に低く、治療法も大きなものにはなりません

 

痛みをとる治療

…尿路結石の症状として激痛と言うものがあります。しばらくすればその痛みは治まるようですが、ひどい場合にはこの痛みに対して対処的に鎮痛消炎剤が、座薬や注射と言った形で処方されます

 

尿路を確保する治療

…尿管結石は尿管のどこかに結石がつまってしまうことによって起こります。そのつまった結石を流して、排泄させてあげるためには尿路を尿管をはじめとした尿路を確保してあげる必要があります。この場合には抗けいれん剤を使用すると効果が得られるようです。

 

自然排泄を応援する

…小さな結石がつまっているのであれば、尿によって押し流すことも出来ます。そのため、尿量を増やすために大量の水を飲んだり、点滴をすることによって尿量を増やす方法がとられることもあります。自然排泄ができる結石の大きさは直径が5mm以下が基準のようです。

 

尿酸の結石の場合

尿酸を構成成分とする結石の場合、尿アルカリ剤を服用することによって、結石が溶けるため、結石が小さくなり自然排泄が促進されるようです。そのため尿酸が原因の結石ではかなりの改善効果が見られます。

 

結石が大きくなりすぎてこれらの方法がとれない場合には、内視鏡や体外からの衝撃派を用いて結石を小さく砕き、結石が自然排泄するのを促します。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2008/11/16-010315.php?category=393])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

結石に関する記事

L-システインのとりすぎは、尿路結石(シスチン結石)につながる?!

L-システインといえば「ハイチオールC」などの美白剤に含まれているアミノ酸で...

尿路結石を粉砕する2種類の治療法「ESWL」「f-TUL」、それぞれの違いは?

腎臓や尿路にできる結石は、成人男性の7人に1人が発生するといわれるほど、罹患率の...


水分・塩分・糖分…結石予防のために気をつけること

尿管結石は食生活が主な原因となって引き起こされる疾患とされています。食生活だけ...

尿管結石には二つの痛みがある!突然の激痛・慢性化した痛み…

  尿管結石は泌尿器科の病気です。尿は腎臓でつくられ、その後尿管から膀胱、尿道...

カラダノートひろば

結石の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る