カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 口腔内 >
  4. 口内炎 >
  5. お口の中を清潔に保って口内炎を予防する方法

気になる病気・症状

お口の中を清潔に保って口内炎を予防する方法

 

疲労がたまっているときや生理前、口の中を噛んだ時などにできやすい口内炎。できるととても痛くなることがあり、飲食したり集中したりするのが辛くなりますね。口内炎を予防するには疲労やストレスを溜めないこと、不足しているビタミンを補うこととともに、口の中を清潔にしておくことも大切です。

 


■菌が繁殖してできる口内炎


口内炎ができる原因はまだはっきりわかっていませんが、できる仕組みのうちの一つとして、傷口からの菌の感染があります。頬の内側や舌をかんでしまうことで、口の中に傷ができます。その傷に菌が感染して繁殖し、炎症がおきることで口内炎になるというわけです。

 


■菌をやっつけるには唾液の分泌が重要!


通常であれば、傷ができても唾液によって、菌をやっつけたり洗い流したりして修復されていきます。ところが、ストレスや疲労が原因で唾液の分泌が減っていたり、菌に対する抵抗力が弱まっていると炎症が広がってしまいます。唾液の分泌を増やすには、ガムを噛んだり舌を動かしたりするといいようです。

 


■うがい薬や洗口液で菌を洗い流す


菌を取り除いて口の中を清潔に保つには、うがい薬や洗口液でぶくぶくと口をすすぐといいようです。洗口液は、ドラッグストアやコンビニなどで手軽に入手できます。持ち運べる大きさもありますので、出先に携帯して食後に使用するのもよいでしょう。口内炎になりそうだなと思った段階から、殺菌効果のあるものを使用すると効果があるようです。ただ、とても痛むぐらいの潰瘍になってしまった場合、殺菌の作用が刺激になってしまい、かえって悪化することもあります。程度によっては、殺菌作用のない、唾液の分泌を促すタイプを使用するといいようです。

 


普段の丁寧な歯磨きに加え、食後にうがいをすると予防効果があります。寝ている間は唾液の分泌が減るので、就寝前にもうがいをしておくとより効果的です。疲労や栄養不足の解消と併せて取り組んで見ましょう。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2010/10/29-037159.php])

著者: はやぶささん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

口内炎に関する記事

◆誰でも作れる~口内炎の予防レシピ~◆

    代表的なアフタ性口内炎は免疫力の低下で現れることが多いのです。なって...

歯茎に口内炎が出来た!どうやって対処すればいい?

  しょっぱいものや酸っぱいものを食べた時にしみるのがつらいと言われるのが...


歯の矯正によって発生する口内炎リスク

  極端に悪い歯並びは、単に見た目だけでなく、口内を傷つけ口内炎リスクを上...

口内炎って地味に痛くて辛い、そんな悩みを解決してみましょう

 口内炎って、なんであんなに辛いのでしょうか、地味に痛くて病気と言う訳でもな...

カラダノートひろば

口内炎の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る