カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 腎臓・膀胱・尿管 >
  4. 腎臓が腫れて痛い!尿管結石!~症状・痛み・治療法~

気になる病気・症状

腎臓が腫れて痛い!尿管結石!~症状・痛み・治療法~

尿管結石は尿内の成分が結晶になったもので、小さいゴミのような大きさのものもあれば1㎝を超える大きなものもあります。この尿管結石は働き盛りに多い病気の一つです。

  

上部と下部

尿管結石は尿路結石のうちの一つです。尿は腎臓でつくられ、尿管を通り、膀胱に溜められ、尿道から排泄されます。

 

このうちの腎臓で出来た結石が、尿管や膀胱、尿道に落ちてくることによって悪さをするのですが、このうちで腎臓結石と尿管結石を上部尿路結石と言い、膀胱結石と尿道結石を下部尿路結石と言います。

 

そして上部尿路結石は結石の9割以上を占めるとされています。

 

上部尿路結石の症状

・突然の激痛

背中やわき腹、下腹部に我慢できないほどの激痛が典型的な症状です。

 

腎臓などの粘膜には、痛みを感じる神経はありません。そのため腎臓に結石がある状態では痛みは生じないのですが、これが尿管に落ちてきたときに初めて痛みが生じます。

 

尿管に結石が落ちると、尿の流れを制限します。すると腎臓から尿管への尿の流れがスムーズにいかなくなり、腎臓が腫れる水腎炎を生じるのです。

 

このときに生じる痛みは、腎臓が腫れることによって、腎臓の外側を包んでいる皮膜が引き延ばされて起こるもので、独特の痛みです。これは尿管の中につまる結石の位置とは関係なく痛みが生じるので、背中やわき腹と言った場所に痛みを生じます。

 

・吐き気や冷や汗

腹痛に伴って、吐き気や玉のような汗、顔面蒼白といった症状が見られることがあります。

 

下部尿路結石の症状

上部に対して下部尿路結石、つまり膀胱結石、尿道結石の場合には排尿時の痛み、血尿、下腹部の鈍痛、頻尿、残尿感といった症状が見られます。

 

痛みや吐き気など、言葉だけにするとよくある症状のように聞こえますが、尿管結石の激痛は非常に特徴的な症状です。

 

ただし、最近は自覚症状のない尿管結石もあるようですので、これにも注意が必要です。

 

尿管結石には二つの痛みがある!突然の激痛・慢性化した痛み…

尿管結石は泌尿器科の病気です。尿は腎臓でつくられ、その後尿管から膀胱、尿道を通って排泄されるのが正しい流れです。これらの器官の中に存在する結石を総称として尿路結石と言い、特に尿管に存在する結石のことを尿管結石と言います。

  

突然の激痛

尿管結石の症状の一番の特徴は突然襲う激痛です。この激痛は「死ぬほど痛い」とか、「難産に引けをとらない痛み」と形容されることもある痛みで、それが突然来るのですから、驚いて救急車を呼んで運ばれる人も多くいるようです。尿管結石の場合、この痛みは脇腹から下腹部にかけての痛みが生じます。

これに対して尿路結石全体でみると腎臓や膀胱で結石の痛みが生じることがありますので、他の場所では若干痛みが生じる場所が異なります。腎臓結石では上部脇腹が痛みますし、膀胱結石になると下腹部の中央が痛みます。そして尿路結石になると外陰部に痛みの中心が移ります。いずれも尿路のどこか狭いところに結石が引っかかったときの痛みです。

 

慢性の場合の痛み

尿管結石では突然の激痛が症状として焦点をあてられますが、慢性化した場合には鈍痛が生じることもあります。

慢性な状態というのは、結石があるのだけれども尿管を完全にふさいでいるわけではないため、結石のわきの隙間を尿が少しずつ流れるという状態です。尿は流れていても尿の通貨障害が起きていることに変わりはないため、腎臓が慢性的に腫れています。これによって上記とは違う、腰が重いような鈍い痛みとして感じます。

 

どちらになるかは結石の形や結石ができる場所によって大きく違います。慢性の状態ということは結石ができやすい状態ということですので、そこから突然の痛みが生じることもあります。

 

尿管結石に鍼灸治療を!

あらゆる病気の中で最も痛い病気の一つと言われているのが尿路結石です。

結石は主に尿酸カルシウム結石が多く、腎臓で生成されます。

 

上部尿路結石は腎臓部と尿管部に分けられますが、腎結石は排出困難なほどに大きくなることがあるため、鍼灸治療が適応になる結石は尿管結石です。

 

尿管結石とは

腎臓で作られた尿を膀胱に運ぶのが尿管です。尿管結石は30~40歳代に発生しやすく、6~7割は男性だと言われています。

 

仙痛(突然出現する激痛)と、それによる自律神経反射で悪心、嘔吐、冷や汗、顔面蒼白といった症状が出ます。

血尿や尿潜血によって分かります。

 

結石によって尿管が完全に閉塞されると激痛になります。

 

鍼灸治療の効果のよいもの 

◦結石の大きさが5㎜以下のもの

これより大きな場合は自然排出が困難となるため、レーザーや衝撃波で破砕する必要があります。

 

◦尿中に多量の血球が見られるもの

尿管内の炎症が強く起こっている可能性があります。

 

鍼灸治療

以下の二つを主目的として鍼灸治療を行います。

◦尿管の緊張を緩和して結石が排出されやすいようにする 

◦結石の痛みを和らげる

 

結石が尿管上部にあれば、肋骨、背骨の横が強く痛みます。尿管下部に移行すると、臍周りに強く痛みが出て、陰部や下肢にまで痛みが放散することがあります。

 

結石は膀胱に落下すれば痛みは止まります。

 

まとめ

鍼灸治療だけでなく、多量の水分を摂取して排尿を増やしましょう。特に寝る前には沢山水を飲むことが大切です。 

スイカやビール、コーヒーなどのカフェイン含有飲料も利尿作用があるので、結石の排出には効果的です。

 

尿管結石は切る?砕く?どんな治療法?  PNL・TUL・ESWL…様々な治療法がある!

突然の激痛に襲われる尿管結石は、のた打ち回るほど痛くなってしまったり、脂汗を流してしまったりするほど痛いと言われています。

しかも1度なったからもうならないかというと、忘れていたころにまた発症ということもあるのです。尿管結石は1980年より前はメスを使う手術で結石を取り除いていましたが、今はメスを使わずに治療をするようです。

 

PNL(内視鏡を用いた経皮的腎粉砕術) 

全身麻酔をし、背中側から皮膚と腎臓に直径1cm~2cmくらいの穴を開け、内視鏡のレンズ越しに石を砕き取り出す方法です。このPNLという方法は一昔前までは盛んに行われていましたが、後に述べる体外衝撃波を用いた方法のほうが患者さんの身体の負担が少なくすむので、今では体外衝撃波で砕けないような特殊な結石にのみ使われる方法となります。

 

TUL(内視鏡を用いた経尿道的尿管砕石術)

全身、もしくは下半身麻酔をし、尿道から内視鏡を尿管まで挿入し、レンズ越しに砕く方法です。レーザー砕石、または鉗子で石を取り出します。TULは主に骨盤内の尿管結石を砕くときに使われます。

 

ESWL(体外衝撃波結石破砕術) 

今一番ポピュラーな術式になります。ベッドに仰向けになり、身体の外から結石がある部分に機械を押し当て、衝撃波を打ち、結石を粉砕します。衝撃波が骨に当たっても骨が破壊されることはありませんし、腸に当たっても障害は起きません。ESWLを受けた患者さんは砕いた石をおしっこで外に出すため、水分を多く取り、尿量を多くしなければいけません。

 

 

痛みがなくなったからといって放置はしてはいけません。何ヶ月何年か経つうちに、腎臓が拡張して、尿を形成する腎実質が薄くなってしまいます。

尿管結石と診断されたら、医師から結石がなくなりましたといわれるまでは治療に専念して、決して放置はしないようにしましょう。

 

尿路結石を粉砕する2種類の治療法「ESWL」「f-TUL」、それぞれの違いは?

腎臓や尿路にできる結石は、成人男性の7人に1人が発生するといわれるほど、罹患率の高い疾患です。

 

ただ、近年では新たな2種類の治療法(「体外衝撃波結石破砕術(ESWL)」「経尿道的破砕術(f-TUL)」)によって、腹部を切開しなくても安全に治療できるようになったといいます。

 

では、これらの治療法はそれぞれどのような違いがあるのでしょうか?

  

「体外衝撃波結石破砕術(ESWL)」は2cm以下の結石に適用

体外衝撃波結石破砕術(ESWL)とは、体外から衝撃波を照射し、それをレンズなどで結石に集束してエネルギーを吸収させることで、結石を破壊する治療法のことを言います。

 

結石の位置はX線透視下で行い、また腰椎麻酔によって行われることから衝撃波による痛みはないとされています。

 

現在では健康保険の適用になっており、また結石のサイズが小さな場合などでは、日帰り治療も可能である病院もあるようです。

 

ESWLの適応と治療成績

ESWLの適応対象となるのは、結石の大きさが2cm以下で、出血リスクに問題がなく(抗凝固剤服用中、動脈瘤など)、また妊娠中ではない方に限られています。

 

治療成績に関しては、多くの病院で90%以上の効果が認められています。ただ、結石が硬くサイズが比較的大きい場合や特定の場所に発生(下腎杯など)している場合、再治療が必要であったり、粉砕した結石が排出されにくく痛みや出血を伴う場合があります。

 

ESWLの副作用

ESWLの副作用(合併症)は、痛み、発熱、(腎臓の場合)被膜下血腫(0.1-1%)が挙げられます。またその他にも、腰痛、微熱、貧血、まれに腎機能低下が報告されています。

 

ESWLのメリット・デメリットまとめ

メリット

・切る必要がなく安全性が高い(低侵襲)

・健康保険が適用できる

・全身麻酔が必要ない

・短時間の治療で済む(約1時間)

・日帰り治療も可能

・腎と尿管どちらの結石にも適用できる

 

デメリット

・結石の大きさは2cm以下に限られる

・他の治療法より破砕力が弱いため、複数回の治療が必要になる場合がある

・全ての患者に適応できない(抗凝固剤服用者、妊婦、動脈瘤罹患者など)

・まれに合併症が起こる可能性(腎被膜下血腫、皮下血腫、血尿)

・まれに粉砕物が排出されないことがある(下腎杯結石、嵌頓結石など)

 

経尿道的結石砕石術(f-TUL)は、ESWLよりも確実性が高い

経尿道的結石砕石術(f-TUL)とは、2種類の器具を組み合わせた治療法で、軟性(もしくは硬性)尿管鏡を尿管や腎まで挿入し、直接結石を確認しながら、レーザーを用いて破砕します。

カテーテルの挿入は、麻酔をかけた状態で、外尿道口(尿の出る穴)より膀胱、尿管、腎まで挿入します。

先のESとの違いは、レーザーによって内部から直接結石を粉砕し、またその粉砕物を特殊なカテーテルによって回収する(バスケットカテーテルによる)ため、確実に結石を無くすことができると考えられています。

ただ、ESWLと比べると、いくらか侵襲性があること、入院が必要、術後一定期間の管装着が必要などのデメリットはあります。

  

f-TULのメリット・デメリットまとめ

メリット

・結石粉砕の確実性が高い

・ほぼ全ての尿路結石(腎結石、尿管結石など)に適応がある

・粉砕した結石が確実に回収される(特殊なカテーテルによる)

・短時間で治療できる(麻酔を含めて2時間程度)

 

デメリット

・病院によっては全身麻酔が必要な場合がある(腰椎麻酔で行う病院もある)

・入院が必要になる(3-4日間)

・特殊な状況(両側の尿路結石、大きな結石など)では、1回で破砕・摘出できない場合がある

・尿管狭窄では治療対象とならない場合がある(内視鏡が挿入できないため)

・術後に約2週間程度一定期間、細い管(尿管ステント)を留置する必要がある(尿管浮腫を防ぐため)

 

このように、結石の大きさや硬さに応じて選択できる治療法が変わってくるようです。

 

結石は大きく成長するほど治療が難しく、選べる選択肢も狭まってきますので、できる限り早期の受診が重要となります。

(Photo by: [http://www.ashinari.com/])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-03-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

腎臓・膀胱・尿管に関する記事

一日にどれだけの水を飲んだら水中毒になる?看護は、まず原因と問題点を知ることから!

人は空気と水なしでは生きていけないことは、誰もが知っていることだと思います。...

事故や怪我で起こる可能性がある、腎・膀胱・尿道の損傷!強い脇腹の痛みや痣が出た場合要注意!

生きていると、いつ事故や怪我に合うか分かりません。通勤・帰宅時、仕事中、休日...


子供に多い「膀胱尿路逆流症」による尿路感染症!様々な尿路感染の予防法と併せて知ろう!意外と知らない身近な病気 腎盂炎

尿路感染症の原因の一つに、膀胱から腎臓の尿管に向って尿が逆流してしまう「膀胱...

慢性糸球体腎炎で一番多いIgA腎症!ほとんど無症状?根治療法『扁桃摘出術』とは?

      尿を濾す網の役割を持つ腎臓の糸球体、その糸球体に起こる慢性糸球...

カラダノートひろば

腎臓・膀胱・尿管の関連カテゴリ

腎臓・膀胱・尿管の記事ランキング

人気体験談ランキング

気になる病気・症状のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る