カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 口腔内 >
  4. なんだか風邪をひきやすい…もしかして口呼吸していませんか?口呼吸はなぜ良くない?口呼吸の恐ろしい症状!!

気になる病気・症状

なんだか風邪をひきやすい…もしかして口呼吸していませんか?口呼吸はなぜ良くない?口呼吸の恐ろしい症状!!

何だか風邪をひきやすい、冬はもちろん、乾燥していない時期でものどイガイガしがち、という人はいませんか?

睡眠や栄養を十分にとっているつもりでも、なかなか改善しないという場合は、もしかしたら口呼吸が原因かもしれません。

 

■鼻は天然のエアーコンディショナー

鼻で呼吸をする場合、空気は4つもの副鼻腔を通り抜けて咽頭に到達します。咽頭までの距離も15cmほどあり、通過する間に空気中に入り混じっている細菌やホコリなどを除去し、鼻水や痰として外に排出してくれます。また、アデノイドという菌を殺す働きがある部分も機能します。

咽頭に到達するまでに加湿され、さらに空気が冷たい場合は温めてくれる効果もあります。

 

■口呼吸の場合

口呼吸の場合はこうした機能を備えていないため、扁桃腺周辺に細菌やホコリが取り付きやすく、風邪をひきやすくなります。扁桃腺は乾燥していると、免疫機能を十分に発揮できません。

 

また、冷たい空気がのどや肺を刺激したり、体温の低下により免疫や酵素の働きを低下させることも、風邪をひく原因となります。鼻呼吸と口呼吸では、風邪のひきやすさに大きな差が出るということがわかりますね。

 

■環境を整えることも大切

風邪をひきにくくすためには鼻呼吸が大切ではありますが、癖になっているものはなかなか直りにくいものです。グッズを使用したりトレーニングすることと併せて、普段の環境を整えることも重要です。

 

また、空気中のほこりや細菌を減らせるよう、定期的に喚起をしたり、高性能な空気清浄機を使用するのも手です。加湿器を使用したり濡れたタオルを寝室に干すなど、湿度管理も人一倍気をつかうくらいの気持ちで取り組みたいところですね。

 

口呼吸がいびきを招き、質の良い睡眠をとれないことから抵抗力が弱まることもあります。口呼吸をしているようであれば、鼻呼吸に変えていけるようトレーニングし、矯正できるまでは環境に十分配慮しながら風邪をひきにくい体質に変えていきたいですね。

 

 

口呼吸はなぜ良くない?食事中も要注意!口呼吸の原因となる食べ方とは?

気がつくと口がポカンと空いていたり、口の中が渇きやすいなと感じたことはありませんか?

口呼吸をしている場合、このような状態になりやすいようです。口呼吸になる原因には、咀嚼の仕方も関係しているようです。

 

■口呼吸はなぜ良くない?

鼻呼吸の場合は、空気に含まれるゴミやホコリ、細菌などを取り除くフィルターのような働きがあります。

また、冷たい空気を温めてから体内に取り入れたり、のどを保湿する働きもあります。口呼吸の場合はこのような機能はなく、害のあるものを吸い込んだり、のどを痛めたりしやすいようです。他にも容貌を悪く変化させたりと、様々な影響があります。

 

■片側に偏った咀嚼は口呼吸を招く

口呼吸となりやすい習慣のひとつに「食べ方」があります。片側だけで咀嚼するくせがある人は、そちら側を下にして眠るという傾向があります。

横向きの姿勢で眠ると気道や鼻腔に余分に負担がかかり、鼻呼吸をしずらくなり、口呼吸が促されるというわけです。

 

また、十分に咀嚼をすることで唾液の分泌がよくなり、消化が促されることになります。口にいれた時点からよく消化されていくことで、栄養が吸収されやすくなります。体の健康を考えると、左右均等に噛むというのはとても大切であるということがわかります。

 

■噛みぐせを直すには

無意識のうちに長期間かけてつくられた癖を、修正して行くのは大変困難なことでしょう。

まずは、早食いしている人はゆっくり食べるようにし、1口30回ほどを左右均等な力で咀嚼できるよう意識してみましょう。噛んでいる間は鼻で呼吸ができるかどうか、確認してみて下さい。

 

たかが口呼吸、たかが咀嚼と思いきや、これほど健康に影響を及ぼすとは意外です。一度咀嚼の仕方を確認し、正しい噛み方を体得できるよう、訓練して行きたいですね。

 

 

寝相に注意!口呼吸の原因となる眠り方は○○!口呼吸を改善するための寝方って?

口呼吸には様々な悪い影響があることを知っていますか?

口呼吸の習慣がある場合、顔の筋肉がたるみ、フェイスラインも緩むことで見た目にも老けて見えてしまいます。

また口には、鼻のように空気中の異物を取り除くフィルターの役割をする機能がないため、ほこりやバイキン等を直接吸い込みやすく、喉や扁桃腺への刺激になり、体に悪影響を及ぼすことがあります。知らず知らずのうちに口呼吸になっている場合は、寝相に原因があるのかもしれません。

 

■口呼吸の原因となる寝方

眠るときは横向きに寝るという人が多いかと思います。ところが横向きの姿勢は下にしたほうの鼻腔が圧迫されうっ血し、十分に空気を吸うことができません。特に固い枕で寝ている場合、頭にかかる重力が大きくなり、より負担がかかる状態となります。

うつぶせで寝ている場合も同様に、下になった方の意向に圧力がかかり呼、吸が苦しくなります。このような姿勢から口呼吸が促されるようになります。

 

■口呼吸を改善するための寝方

体に負担がかからない姿勢で眠るのがベストです。仰向けで体の力を抜いて、ゆったりと眠るのがよいでしょう。

また、あまり高さがない枕を使用すると首に負担がかからず、鼻や気道が楽になり鼻呼吸しやすいでしょう。柔らかめのものであれば、頭と首の段差の隙間を埋めて包み込んでくれるのでよいでしょう。

 

■焦らず長期間かけて治しましょう

急に仰向けで寝ようとしても、寝ている間は意識することが難しいため、長期間かけてくせをつけていく必要があります。

普段から体がゆがんでいると、寝相も横向きやうつぶせになりがちです。同じ肩にばかりカバンをかけたり、足を組んだりするのをやめることも大切です。

 

また、仰向けに寝られるよう矯正するための体操もあるようです。興味のある人は調べてみてはいかがでしょうか。毎日少しずつ気にかけてみることで、仰向けの姿勢を意識にすりこみ、ゆったりと鼻呼吸で質の良い睡眠をとれるようになると良いですね。

 

 

女性の大敵口呼吸!口呼吸の恐ろしい症状!!

もしかして、毎晩寝いている時口呼吸をしていませんか?睡眠中の口呼吸によって身体にデメリットが生じています。口呼吸をしていたら直したほうがよさそうです。

 

どうして口呼吸になってしまうの?

口呼吸にはいくつかの原因があります。その中で一番多いのが鼻のつまりです。

 

鼻がつまっていると、必然的に口で呼吸をしてしまいます。鼻が詰まる原因としては、風邪やアレルギー性鼻炎、花粉症などが最も多くなっています。そのほかには、鼻の骨が原因の鼻中隔湾曲症や鼻の中のポリープなどもあります。

 

他の原因としては、寝ている時に口があいてしまう現象で唇の筋肉の低下です。口の周りの筋肉が緩むことによって、口が開いて口呼吸になってしまいます。後は舌の位置なども影響するようです。

 

口呼吸をしていて良いことは一つもありません。口呼吸を改善するためには、まずは、口を常に閉じるくせをつけることが大切です。ガムなどで閉じるくせをつけるのも良いでしょう。少しずつ、鼻呼吸に変えていったほうが良いです。

 

二重あごになるって本当?

口呼吸を続けていると、二重あごになるリスクが高まります。これは、口呼吸をすることで、目元や口角がさがってしまい、頬がゆるんで、あごが二重になってしまうのです。口呼吸は猫背にもなりやすく、首が前のめりになって、フェイスラインが悪くなり、二重あごにもつながるのです。

 

口呼吸の原因で舌の位置とありましたが、これも二重あごになる大きな原因です。舌が前歯にあたっていると、舌の位置が下がっているということですが、それが原因でフェイスラインが下がってしまっているのです。

 

顔がたるんでくる

女性にとってはとても気になる顔のたるみですがこれも口呼吸から起きているのです。

 

口呼吸によって、口元がたるみ、筋肉が衰え、顔全体にたるみが出てきてしまうのです。顔が老け顔だったり、顔がたるんでいる人はだいたいが口呼吸をしています。口呼吸をしていると、横向きに寝る人も多く、片方の顔がたるむこともあります。

 

口呼吸は悪いことばかりですね。なかなか気を付けていても治すことが難しかったりしますが、改善できるといいですね。

 

(Photoby:足成)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-15掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

口腔内に関する記事

甘いものが辛く感じる!?味覚障害の代表的な症状。ストレスから味覚障害になるって本当?治療法はひとつ!

味覚障害の症状は数多くありますが、いずれも口の中で味に関する障害が起きている...


口の中を噛んでできた血豆…どう治すべき?原因と対処法をご紹介

  いつの間にか口の中や舌に血豆ができていた、なんて経験はありませんか? ...

胃もたれと口内炎の関係性とは?

  胃もたれと口内炎の関係ですが、昔から胃もたれになれば口内炎になりやすい...

カラダノートひろば

口腔内の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る