カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 口腔内 >
  4. 口呼吸 >
  5. なんだか風邪をひきやすい…もしかして口呼吸していませんか?

気になる病気・症状

なんだか風邪をひきやすい…もしかして口呼吸していませんか?

何だか風邪をひきやすい、冬はもちろん、乾燥していない時期でものどイガイガしがち、という人はいませんか?

睡眠や栄養を十分にとっているつもりでも、なかなか改善しないという場合は、もしかしたら口呼吸が原因かもしれません。

 

■鼻は天然のエアーコンディショナー

鼻で呼吸をする場合、空気は4つもの副鼻腔を通り抜けて咽頭に到達します。咽頭までの距離も15cmほどあり、通過する間に空気中に入り混じっている細菌やホコリなどを除去し、鼻水や痰として外に排出してくれます。また、アデノイドという菌を殺す働きがある部分も機能します。

咽頭に到達するまでに加湿され、さらに空気が冷たい場合は温めてくれる効果もあります。

 

■口呼吸の場合

口呼吸の場合はこうした機能を備えていないため、扁桃腺周辺に細菌やホコリが取り付きやすく、風邪をひきやすくなります。扁桃腺は乾燥していると、免疫機能を十分に発揮できません。

 

また、冷たい空気がのどや肺を刺激したり、体温の低下により免疫や酵素の働きを低下させることも、風邪をひく原因となります。鼻呼吸と口呼吸では、風邪のひきやすさに大きな差が出るということがわかりますね。

 

■環境を整えることも大切

風邪をひきにくくすためには鼻呼吸が大切ではありますが、癖になっているものはなかなか直りにくいものです。グッズを使用したりトレーニングすることと併せて、普段の環境を整えることも重要です。

 

また、空気中のほこりや細菌を減らせるよう、定期的に喚起をしたり、高性能な空気清浄機を使用するのも手です。加湿器を使用したり濡れたタオルを寝室に干すなど、湿度管理も人一倍気をつかうくらいの気持ちで取り組みたいところですね。

 

口呼吸がいびきを招き、質の良い睡眠をとれないことから抵抗力が弱まることもあります。口呼吸をしているようであれば、鼻呼吸に変えていけるようトレーニングし、矯正できるまでは環境に十分配慮しながら風邪をひきにくい体質に変えていきたいですね。

(Photoby:足成)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

口呼吸に関する記事

寝相に注意!口呼吸の原因となる眠り方は○○!口呼吸を改善するための寝方って?

口呼吸には様々な悪い影響があることを知っていますか? 口呼吸の習慣がある場合、...

女性の大敵口呼吸!口呼吸の恐ろしい症状!!

もしかして、毎晩寝いている時口呼吸をしていませんか?睡眠中の口呼吸によって身...


口呼吸はなぜ良くない?食事中も要注意!口呼吸の原因となる食べ方とは?

気がつくと口がポカンと空いていたり、口の中が渇きやすいなと感じたことはありませ...

カラダノートひろば

口呼吸の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る