カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 口腔内 >
  4. 口呼吸 >
  5. 寝相に注意!口呼吸の原因となる眠り方は○○!口呼吸を改善するための寝方って?

気になる病気・症状

寝相に注意!口呼吸の原因となる眠り方は○○!口呼吸を改善するための寝方って?

口呼吸には様々な悪い影響があることを知っていますか?

口呼吸の習慣がある場合、顔の筋肉がたるみ、フェイスラインも緩むことで見た目にも老けて見えてしまいます。

また口には、鼻のように空気中の異物を取り除くフィルターの役割をする機能がないため、ほこりやバイキン等を直接吸い込みやすく、喉や扁桃腺への刺激になり、体に悪影響を及ぼすことがあります。知らず知らずのうちに口呼吸になっている場合は、寝相に原因があるのかもしれません。

 

■口呼吸の原因となる寝方

眠るときは横向きに寝るという人が多いかと思います。ところが横向きの姿勢は下にしたほうの鼻腔が圧迫されうっ血し、十分に空気を吸うことができません。特に固い枕で寝ている場合、頭にかかる重力が大きくなり、より負担がかかる状態となります。

うつぶせで寝ている場合も同様に、下になった方の意向に圧力がかかり呼、吸が苦しくなります。このような姿勢から口呼吸が促されるようになります。

 

■口呼吸を改善するための寝方

体に負担がかからない姿勢で眠るのがベストです。仰向けで体の力を抜いて、ゆったりと眠るのがよいでしょう。

また、あまり高さがない枕を使用すると首に負担がかからず、鼻や気道が楽になり鼻呼吸しやすいでしょう。柔らかめのものであれば、頭と首の段差の隙間を埋めて包み込んでくれるのでよいでしょう。

 

■焦らず長期間かけて治しましょう

急に仰向けで寝ようとしても、寝ている間は意識することが難しいため、長期間かけてくせをつけていく必要があります。

普段から体がゆがんでいると、寝相も横向きやうつぶせになりがちです。同じ肩にばかりカバンをかけたり、足を組んだりするのをやめることも大切です。

 

また、仰向けに寝られるよう矯正するための体操もあるようです。興味のある人は調べてみてはいかがでしょうか。毎日少しずつ気にかけてみることで、仰向けの姿勢を意識にすりこみ、ゆったりと鼻呼吸で質の良い睡眠をとれるようになると良いですね。

 

(Photoby:足成)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

口呼吸に関する記事

女性の大敵口呼吸!口呼吸の恐ろしい症状!!

もしかして、毎晩寝いている時口呼吸をしていませんか?睡眠中の口呼吸によって身...

なんだか風邪をひきやすい…もしかして口呼吸していませんか?口呼吸はなぜ良くない?口呼吸の恐ろしい症状!!

何だか風邪をひきやすい、冬はもちろん、乾燥していない時期でものどイガイガしが...


口呼吸はなぜ良くない?食事中も要注意!口呼吸の原因となる食べ方とは?

気がつくと口がポカンと空いていたり、口の中が渇きやすいなと感じたことはありませ...

カラダノートひろば

口呼吸の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る