カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. COPD >
  4. 病院 >
  5. 風邪や大気汚染などをきっかけに悪化する…COPDの増悪の検査と診断方法について

生活習慣病

風邪や大気汚染などをきっかけに悪化する…COPDの増悪の検査と診断方法について

 

COPDで注意したいのが増悪です。風邪や大気汚染などをきっかけに、症状が著しく悪化することです。何度も増悪を繰り返すことがあり、酷くなると寝たきりに近い生活になったり、一日中酸素吸入が必要な状態になることもあります。いつもと違うと感じることがあれば、早めに病院に行く必要があります。増悪がおきているか、どの程度かを検査・診断する方法についてみていきましょう。

 


■増悪の検査と診断


増悪があるか、あればその程度を調べるために、以下のようなチェックがなされます。


・パルスオキシメーターの値
・痰の色や増え具合、息切れの度合い
 ・呼吸数やチアノーゼの有無
・血圧
・呼吸状態の変化
・食事や睡眠、精神状態などの変化


パルスオキシメーターとは、動脈血の中にどのぐらい酸素が含まれているかを測る機器です。普段の値と比べ、どのような変化があるかを検査し、診断材料にします。


症状の程度については、「息切れがいつもより強い、痰の色が膿のような色になる、痰の量が増えた」という項目をいくつ満たしているか、併せて風邪の症状や発熱などがあるか、ということから軽症、中等度、重症に区分されます。程度に合わせて薬剤が選択され、投与方法も経口から注射や点滴などが決められます。重症のCOPD患者が増悪しやすいかというと、そうとはいいきれません。軽症の人であっても増悪を繰り返す場合がありますので、油断せずに増悪しにくい環境をつくるなどの、対策をすることが重要です。

 

 

うがい手洗いや予防接種を受けるなどが推奨されます。いつもよりどの程度悪化したかということが、診断するための重要な情報のようです。自分自身でも悪化した、いつもより調子が悪くなってきたと思うことがあれば、早めに相談するようにしましょう。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2011/08/29-349556.php])

著者: はやぶささん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

病院に関する記事

スパイロメータを使った病院でのCOPD検査

COPDは肺の病気の一種で、タバコ病といわれるぐらいタバコが原因の約9割を占...

COPDや併存症!診断するための検査はさまざま、検査の種類と方法

  COPDの診断をする検査には、比較的簡単にできるものから大きな病院でな...


多岐に渡る治療~COPDの治療について

  COPDの治療は、薬物を使用するものやリハビリ、負担の少ない生活の仕方...

カラダノートひろば

病院の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る