カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. COPD >
  4. 病院 >
  5. 多岐に渡る治療~COPDの治療について

生活習慣病

多岐に渡る治療~COPDの治療について

 

COPDの治療は、薬物を使用するものやリハビリ、負担の少ない生活の仕方など、多岐に渡ります。

 


■まずは禁煙


原因の多くは喫煙です。タバコをやめるというのは必須です。今更やめても、と思うこともあるかもしれませんが、下降の一途をたどる肺の機能が、やめることにより低下の割合を描く線が、健常な人の傾きと同様になることもあります。

 


■薬物による治療


薬物のなかで主要なのが、気管支拡張薬です。長時間作用するものと、短時間作用するものがあります。基本的には、長時間作用のものが使用されます。その中でも抗コリン薬、β2刺激薬があります。それぞれ副作用など特徴に違いがあります。また、吸入するタイプや貼り薬などの種類があります。その人の状態や体質用途に合わせて最適なものが選択されます。

 

 

■リハビリ


口すぼめ呼吸」などの効率的な呼吸法の指導が行われます。また、体の機能を低下させないための栄養管理や、生活パターンの改善、運動の指導、精神的な負担を取り除くためのカウンセリングなどもリハビリに含まれます。息苦しさから活動が低下しがちになった生活を改善し、生活の質を向上させることを目指します。

 

 

■酸素療法


酸素が不足すると低酸素血症になります。そのような傾向がみられる場合、自宅に据え置き型の酸素供給機を設置することがあります。また、持ち運べるタイプもあり、いつでも酸素を吸入できるため外出が可能になり、行動範囲を広げることができます。

 

 

治療では増悪を防ぐことも重要です。風邪やインフルエンザなどの感染症は増悪のきっかけとなってしまいますので、予防接種や環境に注意するなどの対策が必要です。適切な治療で症状が改善したり、進行を遅くすることができますので、早めに病院にかかり、医師の指導に従って回復へとつとめましょう。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2011/12/29-355332.php])

著者: はやぶささん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

病院に関する記事

病院で呼吸器リハビリテーションを行い、COPD治療を!

  COPDとは、慢性閉塞性肺疾患と呼ばれ、日本にはおおよそ500万人以上の患...

COPDや併存症!診断するための検査はさまざま、検査の種類と方法

  COPDの診断をする検査には、比較的簡単にできるものから大きな病院でな...


スパイロメータを使った病院でのCOPD検査

COPDは肺の病気の一種で、タバコ病といわれるぐらいタバコが原因の約9割を占...

風邪や大気汚染などをきっかけに悪化する…COPDの増悪の検査と診断方法について

  COPDで注意したいのが増悪です。風邪や大気汚染などをきっかけに、症状...

カラダノートひろば

病院の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る