カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 全般 >
  4. 種類 >
  5. カビによる「アレルギー性気管支肺アスペルギルス症」の症状とは

アレルギー

カビによる「アレルギー性気管支肺アスペルギルス症」の症状とは

 

私たちの身近に存在する「カビ」ですが、有害なものや有益なものがあります。有益なものでは醤油や味噌、お酒を作るときに使用されたりします。カビで作られたチーズもよく知られています。一方で、体に有害なカビも多数存在します。人間にとってアレルギーの原因となる場合があります。その中の一つに、「アスペルギルス」というカビによって引き起こされる「アスペルギルス性気管支肺アスペルギルス症」というものがあります。

 

 

■アレルギー性気管支肺アスペルギルス症とは

 

アスペルギルスは真菌の一種で、身近に存在します。土壌で繁殖し、水や植物、食べ物を腐敗させます。この真菌を吸い込むとアレルギー反応を起こす人もいます。

 

 

■症状

 

息切れや発作的な咳、ゼーゼーと喘鳴を伴う呼吸、発熱などがみられます。痰に褐色の色が混じることもあります。頭痛や胸痛、食欲不振などの症状が出ることもあります。症状が気管支喘息と似ていて見分けがつきにくいため、検査で診断する必要があります。また、もともと喘息である人に併発することもしばしばです。早ければ1週間ほどでおさまりますが、治りにくいケースが多く、数年かかることもあります。重症化すると肺繊維症になり、呼吸不全になることもあります。

 

 

■検査と診断

 

胸部X線検査を行います。気管支が拡張しているようにみえたり、肺炎のように見えるがあらわれることもあります。影の場所が移動したり、何度も現れたりすることがあります。また、血液検査で血中の好酸球が増加していないか、IgEの値が上昇していないかなどを調べます。皮膚テストでもアレルギーがあるかどうかを調べることもあります。

 

 

アレルギーの原因になることもあるカビ。喘息や呼吸器の疾患がある人は注意が必要です。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2013/09/10-381875.php])

著者: はやぶささん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

種類に関する記事

カビによるアレルギーと感染症の種類とは

  味噌や醤油やチーズなど、美味しい食品を作るためにも使用されるカビですが...

梅雨の時期に増加する食中毒!特に注意したい3つの食中毒に注意して!

  湿度はもちろん、気温も高くなる梅雨は細菌が増加します。そのため、それに伴っ...


誰にでも発症する可能性がある!?カビによるアレルギー「夏型過敏性肺炎」とは

    有益なものもあるカビですが、体に害となるものも多くあります。カビが体...

免疫系のアレルギーと非免疫系のアレルギーとは

アレルギーという言葉自体は馴染みがある方も多いはずです。日常生活の中には、様々な...

カラダノートひろば

種類の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る