カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 全般 >
  4. 種類 >
  5. 誰にでも発症する可能性がある!?カビによるアレルギー「夏型過敏性肺炎」とは

アレルギー

誰にでも発症する可能性がある!?カビによるアレルギー「夏型過敏性肺炎」とは

 

 

有益なものもあるカビですが、体に害となるものも多くあります。カビが体に感染するものと、カビに対するアレルギー反応を起こさせるものがあります。夏ごろに治りにくい風邪をよくひきやすい、という人は「トリコスポロン」というカビによる「夏型過敏性肺炎(なつがたかびんせいはいえん)」にかかっているのかもしれません。この病気がどういった健康被害をもたらすのか、その症状を見ていきたいと思います。

 

 

■夏型過敏性肺炎とは

 

トリコスポロンという真菌(カビ)の一種に対する、アレルギー反応からおきるものです。夏季や梅雨などの高温多湿である時期に多くみられる肺炎です。トリコスポロンは、古い木造の日の当たらない場所のような環境で繁殖しやすいようです。この真菌の胞子を繰り返したくさん吸い込むことにより、アレルギー反応が起きるようになり、症状があらわれはじめます。

 

 

■症状

 

咳や痰、発熱や悪寒など、風邪のような症状からはじまります。倦怠感や食欲不振などの症状もおこります。酷くなると呼吸困難におちいることもあります。夏風邪と勘違いして薬を飲んでも良くならず、秋に近づくとよくなっていくといった傾向がみられます。また、トリコスポロンの多い場所から離れると症状が軽減します。30代から50代くらいの人に発症することが多いようです。抵抗力が低下している人がかかりやすい感染症とは異なり、健康な人であってもトリコスポロンを大量に吸い込むことによって、発症することがあります。

 

 

トリコスポロンは古い木と湿度が多い環境で繁殖しやすくなりますので、家の中で該当する場所があれば注意が必要です。毎年風邪薬が効きにくい風邪をひきやすいという人は、夏型過敏性肺炎を疑ってみた方がいいかもしれませんね。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2008/09/05-007701.php])

著者: はやぶささん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

種類に関する記事

アレルギーの原因となるカビの種類と特徴

  ジメジメした日の当たらないところに生えやすいカビ。特にお風呂場などは油...

アレルギーの原因「一般的アレルゲンと職業性アレルゲン」とは

アレルギーには、症状の原因となるものがあります。それをアレルゲンと呼んでいます。...


アレルギーの素「吸入性・刺咬性・食餌性・薬剤性のアレルゲン」

アレルギー症状の原因となっているアレルゲンは、大きく一般的アレルゲンと職業性アレ...

カビによる「アレルギー性気管支肺アスペルギルス症」の症状とは

  私たちの身近に存在する「カビ」ですが、有害なものや有益なものがあります...

カラダノートひろば

種類の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る