カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 全般 >
  4. 種類 >
  5. アレルギーの原因となるカビの種類と特徴

アレルギー

アレルギーの原因となるカビの種類と特徴

 

ジメジメした日の当たらないところに生えやすいカビ。特にお風呂場などは油断すると、すぐにカビが生えてくるので油断できません。なんとなく有害で近づかない方がいいとは認識しているカビですが、中にはアレルギーの原因となるカビがいくつか存在します。アレルギー体質の人は特に注意が必要ではありますが、健康な人であっても大量に吸い込むと、アレルギー反応を起こすことがあります。このようなカビの種類と特徴について、見ていきたいと思います。

 

 

■アレルギーの原因となるカビ

 

 

・クラドスポリウム

身の回りで見かける黒いカビに多いものです。20℃前後の気温を好み、春から秋にかけて多く発生します。湿度が85パーセント以上で繁殖しやすくなります。酸素と少量の栄養源がある場所を好みます。家具と家電の間の温かいところ、浴室、押入れ、畳などに生息します。

 

・アルテルナリア

こちらも家の中でよく見られるカビです。ススカビともよばれ、ススのような見た目です。壁やシャワーカーテン、浴室や洗面所のプラスチックの裏、スノコの裏などに生息しています。胞子がとても軽く、空気中に長時間漂うため吸い込まれやすくなります。

 

・クリプトコッカス

人間以外にもイヌやネコにも感染します。鳥には感染せず保菌状態になりますが、糞の中でも繁殖することで胞子をばらまき、それにより人に観戦することもあります。

 

・トリコスポロン

夏風邪に似た症状をおこします。日が当たらず古い木が朽ちているような場所に多く生息します。

 

・アスペルギルス

気管支喘息に似た症状をおこします。土壌で繁殖し、植物や水を腐敗させる力があります。身近に存在しています。

 

 

他にも幾つか種類がありますが、これだけ見ても普段見かけることがあるものが多いでしょう。家具の手入れや掃除などを行い、カビを繁殖させない環境を作っていきたいですね。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/10/13-371825.php])

著者: はやぶささん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

種類に関する記事

アレルギー性紫斑病とは

アレルギー性紫斑病とはアレルギー反応によって紫色のあざのような斑点が出来てしまう...

黄砂の影響で長引くアレルギー症状!花粉症と黄砂アレルギーの違い

    あれ?!花粉症かな?風邪かしら?こんな症状はありませんか。この時期に...


アレルギー患者はどれくらい増えているの?

何らかのアレルギーを持っている子供が増えている、という話を聞いたことがある方もい...

免疫系のアレルギーと非免疫系のアレルギーとは

アレルギーという言葉自体は馴染みがある方も多いはずです。日常生活の中には、様々な...

カラダノートひろば

種類の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る