カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 全般 >
  4. 予防・対策 >
  5. カビが原因のアレルギー反応「夏型過敏性肺炎」の治療法と予防

アレルギー

カビが原因のアレルギー反応「夏型過敏性肺炎」の治療法と予防

 

夏型過敏性肺炎は、トリコスポロンというカビ(真菌)が反復的に肺に吸いこまれることにより、呼吸困難など肺の疾患をおこすアレルギー性の肺炎です。湿度の高い夏の時期や西日本の地方に多く、湿度が高い木造の家屋でよくみられるようです。夏型過敏性肺炎と診断された場合の治療法と予防法には、どのようなものがあるのでしょうか。

 

 

■治療法

 

症状には急性のものと慢性のものがあります。急性は反復的に大量の真菌にさらされた際に起こり、数時間後に咳や痰、息苦しさなどの症状があらわれます。これを繰り返すことにより慢性化し、治療が困難な状態になります。肺の繊維化が進行してしまいますので、早急な治療が必要です。これらのことからもわかるように、まずは原因となる菌から遠ざかることが第一です。家屋の木が腐敗した場所が原因である場合もありますので、修繕したり入院などで一時的に住まいをうつすなどの対処が必要になります。軽症の場合は治療をしなくてもよくなることも多いのですが、症状が重ければ薬物療法をします。ステロイド薬が使用されます。

 

 

■予防法

 

真菌に近づかない、繁殖している場所を取り除くことが重要です。湿気などっで空気がこもらないよう換気をして風を通す、掃除を怠らない、室内にジメジメした日の当たらない場所を作らない、トリコスポロンに対応したマスクを着用するなどの予防方法があります。

 

 

夏風邪と勘違いしやすく、繰り返しているうちに慢性化してしまうこともあります。夏型過敏性肺炎はだけでなく、他の健康被害に合わないためにも、掃除をこまめに行い、湿気をとり、日光にさらすことでカビの少ない環境を保つようにしましょう。毎年夏に気になる症状が出るようであれば病院へ行くようにしましょう。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2013/09/26-382457.php])

著者: はやぶささん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

予防・対策に関する記事

梅雨の洗濯槽は湿度100%!お酢で洗濯槽のカビを洗えるんです!

  梅雨の季節は水分を好むカビが怖い季節です。特に水分が多い場所のカビは梅雨の...

抗体ができ免疫力UP!アレルギー予防ともなる細菌やウィルス

  ■人の身体には様々な寄生虫や細菌、ウィルスなどが存在します。 一時期...


腸管細菌クロストリジウム菌がアレルギーの救世主になる!?予防にも改善にもなる可能性とは

アレルギーというのは子どものうちに発症したものは、成長と共に治っていく可能性が...

アレルギー性鼻炎の薬物治療~抗ヒスタミン薬とステロイド薬とは?

  アレルギー性鼻炎治療の中心は、薬物療法です。症状や服用する人の身体状況...

カラダノートひろば

予防・対策の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る