カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 全般 >
  4. 予防・対策 >
  5. カビアレルギーの予防法~浴室の場合

アレルギー

カビアレルギーの予防法~浴室の場合

 

カビは感染症を引き起こしたり、アレルギーの原因になることがあります。機密性の高い住居が増えてきていることもあり、カビによるアレルギーも増えてきているとのことです。湿度が高いところや有機物のあるところを好むカビは、お風呂場で掃除や手入れを怠るとすぐに発生してくるカビですが、繁殖させないための予防法をみていきましょう。

 

 

■水気を取り除くことが第一

 

カビが繁殖するためには水分は必要不可欠です。つまり水分がないところではほとんどカビは繁殖しません。70%以下の湿度になると、カビの活動が明らかに低下することがわかっています。日本のお風呂は他の国に比べ、浴室にカビが生えやすい構造のようです。浴室自体が狭く湿度が上がりやすいということと、浴槽に長時間水を張っておくという点でカビが発生しやすいようです。お風呂の使用後に湿度を下げるためには次のような方法があります。

 

 

・換気をする

 

お風呂に入ったあとは換気扇を回すという人も多いかと思います。くわえて、窓があれば窓を開けて風を通すとカビ予防効果が高まります。

 

 

・浴室乾燥機をかける

 

換気扇を回すだけでは床の水気を取りにくいのですが、浴室乾燥機をかけると効果抜群です。設備がある人は、冬場だけでなく夏場もカビ予防として使用してみるとよいでしょう。

 

 

・水気を拭き取る

 

お風呂を掃除したあと、タオルなどで水気をふくと早く乾きます。また、窓掃除などに使用する水切りワイパーで水を切るのもよいでしょう。子供がいる家庭でお風呂に置きっ放しのおもちゃがあれば、水気を拭き取るか毎回外に出すなどの対策をとりましょう。

 

 

・防カビ剤を使用する

 

市販されている防カビ剤を使用するのも良いでしょう。

 

 

・熱めのシャワーで掃除をする

 

浴室内の温度を下げてカビを予防するためやガス代の節約のために、冷たい水のシャワーで掃除をする人もいると思います。しかしかえって浴室中に胞子を飛び散らせることがあるとわかっています。熱めのシャワーを使用した方が、カビの活動を低下させることができるようです。

 

 

お風呂のカビの繁殖を抑制し、アレルギー予防を行う参考になればと思います。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2013/01/19-375180.php])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

予防・対策に関する記事

βグルカンでアレルギーの症状を緩和

キノコやパン酵母に含まれているβグルカンは、健康関連の医療研究のテーマとなるこ...

カビによるアレルギー性気管支肺アスペルギルス症の治療法と予防

  アスペルギルスというカビ(真菌)が原因の病気である、アレルギー性気管支...


特に梅雨の洗濯槽はカビの危険がいっぱい!どんなカビがいるの?対策って必要?

  湿気の多い場所を好むカビは、梅雨の時期に勢力を増します。そのため家の中でも...

糖質依存脱却で体質改善

 糖質を手軽にとれるようになった現代、食事も自然と炭水化物中心のものとなってきて...

カラダノートひろば

予防・対策の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る