カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 腎臓・膀胱・尿管 >
  4. 結石 >
  5. シュウ酸にカルシウムを足して、尿管結石予防!

気になる病気・症状

シュウ酸にカルシウムを足して、尿管結石予防!

 

尿管結石を含む、尿路結石(腎臓、尿管、膀胱、尿道のいずれかにたまる結石)になる人は年々増加傾向にあるそうです。一生の内、男性の7人に1人、女性の15人に1人がなるそうで、5年以内に再発する人も半数近くになってきているようです。

 

 

最も多いシュウ酸カルシウム結石を予防する

結石の中で最も多いのはシュウ酸カルシウムを成分とする結石です。

特に体の中に硝酸が過剰にある状態、あるいは、カルシウムが不足する状態になっていると、腸でカルシウムと共に排泄されるはずのシュウ酸が排泄されず、尿中に入ってしまい結石になる原因になるのです。

 

シュウ酸はカルシウムと一緒にとりたい

シュウ酸の量に対してカルシウムが不足することのないように、シュウ酸を摂取する際には、カルシウム源となる食材と一緒に摂取することが理想です。ではシュウ酸とカルシウムを一緒にとる食事とはどのようなものでしょうか。

 

ほうれん草のおひたし

栄養豊富なほうれん草にはシュウ酸が多く含まれています。しかし他の栄養がたくさんあるだけにシュウ酸が入っているから摂取しないというのもまた、体によくありません。

ですから、ほうれん草を食べるならおひたしなどで、カルシウム源であるかつお節と一緒に食べたり、ちりめんじゃことあえて食べたりするのがよいでしょう。

 

ミルクティー

紅茶にもシュウ酸が含まれています。そのため紅茶を飲むなら一緒に牛乳を飲んでカルシウムを摂取できるとよいです。また緑茶にもシュウ酸が含まれているのですが、緑茶にミルクを入れるわけにはいきませんから、麦茶やほうじ茶に置き換えるなどした方がよいでしょう。

 

 

医師によってはカルシウムの摂取を制限する人もいるようですが、カルシウムが結石の原因となるという考えは一昔前のもののようです。医師の判断に疑問を感じるようであれば、セカンドオピニオンなどの方法をとってもよいでしょう。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2010/03/03-034213.php])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

結石に関する記事

尿路結石に「カルシウム摂取」が推奨されている?朝昼摂取がOK、夜間摂取がNGである訳とは

尿をろ過し排泄する管に結石が出来る疾患を、尿路結石または腎臓結石と言います。この...

典型症状以外にはこんな症状!尿管結石の症状

  尿管結石の結石は、尿に溶けていた塩類が腎臓の中で溜まってできたものであり、...


L-システインのとりすぎは、尿路結石(シスチン結石)につながる?!

L-システインといえば「ハイチオールC」などの美白剤に含まれているアミノ酸で...

食にストレス…尿管の原因になるものとは?

  人の尿は腎臓でつくられます。その腎臓でつくられた尿を膀胱に運ぶのに尿管と言...

カラダノートひろば

結石の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る