カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 虫が這う感覚!?むずむず脚症候群って何?対処法や効果のあるツボ

不眠・睡眠障害

虫が這う感覚!?むずむず脚症候群って何?対処法や効果のあるツボ

ツボは体中に存在しています。

鍼灸でツボを刺激することで健康効果が得られる場合もあります。

 

●むずむず脚症候群とツボ

むずむず脚症候群に限らず、睡眠障害にはツボが効く場合もあります。

すべての人に効果がみられるわけではないので、その点は理解して行ってください。

本格的にツボ治療を受けたいと思うのであれば、鍼灸治療院に足を運ぶのが一番です。

自分でもツボ刺激はできますが、ツボの位置が間違っていると体調を崩すこともあります。

ツボを押していて具合が悪くなったりしたらすぐにやめましょう。

 

●むずむず脚症候群に効くツボ

むずむず脚症候群に効く代表的なツボに、三陰交というツボがあります。

三陰交は足の内側、くるぶしの骨から指4本分上にあるツボです。

女性の健康維持によいといわれているツボですが、むずむず脚症候群にも効果があります。

他には、神庭というツボもあります。

鼻の真ん中を頭の方になぞっていき、生え際から小指1本分くらい奥のところです。

 

●ツボの押し方

ツボの押し方の基本は、ゆっくりと深く押すことです。

親指を重ね合わせるようにして押します。

一回3秒から5秒程度の時間をかけてゆっくりと押す、ゆっくりと離すようにしてください。

呼吸を止めたりせず、リラックスした状態でツボ押しを行うことが大切です。

 

簡単にできるむずむず脚症候群の2つの対処法

●むずむず脚症候群の治療法

むずむず脚症候群の治療法は、生活療法と薬物治療に分かれています。最初は生活療法を行い、それでも改善が見られない時に薬物治療を行うという流れが一般的です。

 

生活療法には時間のかかるものが多いですが、中でも簡単な2つの対処法を見ていきます。

 

●運動によるむずむず脚症候群改善

むずむず脚症候群の治療のひとつが運動です。とはいっても、もともと運動習慣のなかった方の中には、少しの運動でも筋肉痛を起こしてむずむず脚症候群がますますひどくなりそう、と思う方もいるかもしれません。ですが、実際には軽い運動によって症状が治まるので治療法としても用いられています。

 

特に運動をしたい時間帯としては、起床時と就寝前が挙げられます。就寝前は家の中での運動となるので、ストレッチなど簡単なもので構いません。起床時の運動は目を覚ますという意味も含めれば、外に出て行うウォーキングがお勧めです。

 

雨の日などは、家の中で脚を動かす運動を行ってみてください。

 

●室内環境を整える

むずむず脚症候群の症状の出方を観察してみてください。通年の観察を行ってみて、特定の季節にむずむず脚症候群が発症しやすいということがわかれば、その季節には室内環境に注意しましょう。

 

夏にむずむず脚症候群を発症する方が多いようです。室内の温度・湿度の違いでむずむず脚症候群を発症する方もいるので、自分の体質に合わせて室内環境を整えるという治療法はおすすめです。

 

虫が這う感覚?!むずむず脚症候群って何?

数ある病気の中でも、その名前が特徴的ということで有名なのが『むずむず脚症候群』という病気です。

 

●むずむず脚症候群とは

むずむず脚症候群は睡眠障害の一種です。名前の通り脚がむずむずして眠れないのがむずむず脚症候群の特徴です。

 

むずむずとはいっても、感じ方は人によって異なります。火照ったように感じるという人もいれば、虫に刺されたようにかゆいという人もいます。

 

いずれにしても脚の違和感から眠りにつけない、そのため翌日以降の生活に支障をきたすのがむずむず脚症候群です。レストレスレッグズ症候群という呼び方もあります。

 

●むずむず脚症候群の原因は?

むずむず脚症候群の原因には、パーキンソン病、慢性腎不全などの病気があります。その他、鉄分・葉酸が不足している人がむずむず脚症候群になりやすいという報告もあります。

 

カフェイン、アルコールの摂取しすぎも、むずむず脚症候群を悪化させる、もしくはほかの要因と絡み合って発症を促す原因です。

 

●むずむず脚症候群と周期性四肢運動障害

周期性四肢運動障害は、痙攣が夜中に起きて目が覚めてしまう病気です。むずむず脚症候群と同様に脚に主な症状が出るのが特徴で、この2つの病気は同時に発症または時間差で発症することがあります。

 

むずむず脚症候群でなかなか眠れないのに、せっかく眠ったと思ったら周期性四肢運動障害で目が覚めるという、二重の症状に悩まされる患者も多いです。

 

むずむず脚症候群

変わった名前の病気ですが、最近、患者が増えてきている病気・・・というか最近、認知され始めた不眠症です。

 

20年も前の話ですが、祖母がおそらくこの病気でした。

脳卒中の後遺症で、脳に障害があり、会話も難しくなってきたころだったので『気のせい』とかたずけてしまったのです。

ひとりで歩くことが困難でしたから夜中に『歩きたい・歩きたい』と言い

介護が大変だったそうです。

 

症状は

脚を動かしたい・・・

脚に虫が這う感じ、むずむずする、かゆいなどの不快感があり

脚を動かしたい欲求がおきます。

 

寝ているときに足を動かす・・・

家族が睡眠中に無意識に足を動かしていたら

『むずむず脚症候群』かもしれません

 

安静にしていると症状がひどくなる・・・

寝ている時や、横になったり座っているときにも、

むずむずしてきたら脚を動かすと軽減します。

 

症状は夕方から夜・・・

寝付きが悪くなり、熟睡もできなくなります。

 

原因は

脳でドーパミンという物質がうまく作られないことが原因といわれています。

思い当たる節があったら、気のせいと思わずに病院に行ってみましょう。

 

 (Photo by http://www.ashinari.com/2013/01/24-375273.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-26掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

不眠・睡眠障害に関する記事

自然起床での二度寝はNG!日差しとストレッチの2つで二度寝を防止してすっきり目覚めよう

二度寝にはデメリットが多い、と言われるのは、二度寝が生活に与える影響があるこ...

寝ながら食べる睡眠関連摂食障害…無意識下で起こる?続いて起こる危険な病気って何?

食べるという行動が、ストレスの解消になることがあります。実際、摂食障害のよう...


アルファ波コントロールで質の良い睡眠をとろう!

   長く寝たのに疲れているときもあれば、大して寝ていないのに頭がスッキリして...

その眠気は過眠症かも?日中の眠気の原因と対策

吐き気を伴う眠気?!原因は一体何? 眠気の他に吐き気もあるという場合は体の...

カラダノートひろば

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る