カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 基礎知識 >
  5. 片側だけ濃いほうれい線は偏った咀嚼のせい?

気になる病気・症状

片側だけ濃いほうれい線は偏った咀嚼のせい?

 

シミなどは化粧で隠すことができます。しかしほうれい線は化粧などでは薄くすることはできますが、完全に隠すことはできません。このほうれい線は様々な要因から生じるものですが、その中の一つに片側噛みがあります

 

 

噛みグセで生じるほうれい線

ほうれい線のケアというとマッサージによる解消法が思い浮かぶと思います。しかしそれ以上にほうれい線を日常生活の中で作り出さない対策をすることも大切です。日常生活の中でほうれい線を作る原因になるものの一つは、咀嚼です。咀嚼と言っても両方の奥歯で噛むのなら問題ありませんが、左右どちらかの歯で咀嚼するクセがあるのなら問題です。

 

片方だけ濃いほうれい線

片方だけのあごを主に使って咀嚼していると、その片方の筋肉だけを多く使うことになります。すると片方のあごの筋肉だけが発達し、それに伴って頬などの周辺の筋肉も多く動くことになります。すると反対側の頬の筋肉があまり動かなくなりますので、その結果皮膚にたるみが生じて片側のほうれい線だけ濃くなるのです。

 

血行不良からも

片側噛みは筋肉のアンバランスだけでなく、それに伴った症状も見られます。筋肉を使わないということはその部分の血行が障害されることにつながります。血行が悪くなるということは皮膚に栄養がいきわたらなくなるということですから肌の健康が害されますし、老廃物が溜まりやすくなるということでもあり、より一層肌がたるみやすく、ほうれい線が濃くなりやすくなるのです。

 

片側噛みがほうれい線に影響を及ぼすのはもちろんのことですが、ほうれい線以外にも美容に関してよくない影響を及ぼしそうです。片側噛みは放っておくと全身的に影響が出てきますので、むしろほうれい線程度の段階で気づいてあげられるとよいと思います。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2011/12/17-354841.php?category=403])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

病気も関係しているかも!?歯ぎしりの代表的な3つの原因

 歯ぎしりは自分よりも周囲が悩まされるもの、というイメージが強いですが実際には...

ふけ顔に見られる原因は片側噛みが原因!?

  「実年齢よりも老けて見られる」「なんだかこのごろ顔が老けた気がする」と感じ...


歯が痛くて熱が出る理由と対策

歯の痛みと熱は一見関係ないように見えますが実は歯の痛みと熱を同時に体験してい...

歯茎が下がるってどんな状態!?正しい歯茎を知ろう

  歯茎が下がってきた、上がってきたという言葉は歯科医の間ではよく使われる...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る