カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 肺・気管支 >
  4. 肺炎 >
  5. 基礎知識 >
  6. ウイルス?細菌?肺炎を引き起こす「インフルエンザ菌」とは

気になる病気・症状

ウイルス?細菌?肺炎を引き起こす「インフルエンザ菌」とは


インフルエンザと聞くと、冬場に流行するあのインフルエンザを思い浮かべますが、おなじインフルエンザという名前でも、インフルエンザ菌は別物。

どのように違うのでしょうか。インフルエンザ菌についてまとめました。

 

ウイルスと細菌の違い

冬場に流行を引き起こすインフルエンザは、インフルエンザウイルスによる感染症のこと。ウイルスは生物ではなく、単体で生き延びて子孫を残すことはできないため、ひとの生きた細胞内に入り込んで増殖します。

一方の細菌は、れっきとした生物の一種で、細胞内には入らず、粘膜のうえで増殖します。

 

インフルエンザ菌は、かつてインフルエンザが流行した時期に、インフルエンザウイルス感染患者の上気道部からたまたま採取されたために、インフルエンザウイルスと勘違いされてしまい、そのまま同じ名前がついてしまった、全くの別物です。

 

健康なヒトのノドに常在するインフルエンザ菌

インフルエンザ菌には、莢膜(きょうまく)のある菌株と莢膜のない菌株があり、莢膜のないインフルエンザ菌は、健康なヒト、特に乳幼児の上気道(のどの奥や鼻の中)に常在しています。

 

中耳炎、副鼻腔炎、気管支炎、肺炎などの気道感染症を起こす菌としても知られ、小児では気道感染症の3大起炎菌のひとつとされています。

風邪のほとんどはウイルスによって起こりますが、こじらせた場合などに普段なら害のないインフルエンザ菌の一部に感染し、発症することがあるためです。

 

一般的に小児の感染症として知られるインフルエンザ菌ですが、高齢者や、疾病や治療により免疫の低下している人では重症となり命にかかわる場合があるので、注意が必要です。

 

髄膜炎を起こすHib

おなじインフルエンザ菌でも、莢膜をもつ菌株は気道感染症を起こすことは少なく、直接血流中に侵入して敗血症、髄膜炎、結膜炎、急性喉頭蓋炎、関節炎などを引き起こします。

 

起因菌のほとんどはインフルエンザb型菌で、「ヘモス-インフルエンザb型菌」という名前が長いため、「Hib」という名前で呼ばれます。Hib感染症の約85%は0~4歳の乳幼児で、中心的な症状として髄膜炎が挙げられるため、乳幼児で特に注意すべき感染症として定期予防接種が行われるようになりました。

 

 

インフルエンザ菌による肺炎と診断された場合、抗生物質によってインフルエンザ菌を殺菌しつつ、症状を軽くする対症療法がとられます。

風邪を引いたあと、長引く咳や熱に悩まされるようなら、早めに医療機関を受診し、検査を受けるようにしましょう。

 

photo by://www.ashinari.com/2009/07/23-025142.php

著者: seasideさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

肺炎はうつるってほんと?!知っておきたい「肺炎」の種類と感染有無

肺炎がうつるなんて、不思議に思うかもしれません。しかし、肺炎にもいろいろ種類...

肺炎予防のためにもインフルエンザ予防を!インフルエンザ肺炎について

肺炎は日本人の死因の第4位。肺炎を引き起こす原因はさまざまですが、そのひとつに...


肺炎の原因の中でも多い「肺炎球菌」ワクチンで防ごう!肺炎「肺炎球菌」とワクチンについて

乳幼児と高齢者でかかることの多い肺炎。そのうち、頻度の高いとされる「肺炎球菌」...

死亡率の高い病気、肺炎とはどんな病気?

肺炎と聞くと、死亡率の高い病気というイメージでしょうか。ニュースなどでも有名人...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る