カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 美肌・スキンケア >
  4. 習慣 >
  5. 美肌につながる腸内環境改善!やっておきたい10のポイント

美容・ダイエット

美肌につながる腸内環境改善!やっておきたい10のポイント


腸内環境が整っていると、肌の新陳代謝が高まり、健康的な美肌につながります。反対に、いくら肌表面をケアしても、腸内環境が乱れていたら、ボツボツやくすみといったトラブルのもとに…。

ここでは美肌のためにも心がけたい、健康的な腸内環境を維持するための10のポイントを挙げてみました。

 

1. 食物繊維を摂る

食物繊維はうんちの材料。水分を保持して便を軟らかくし、善玉菌が活動しやすい環境をつくる食物繊維を、毎日の食事の中で努めて多く食べるようにします。

 

2. 善玉菌を摂る

乳酸菌やビフィズス菌といった善玉菌が入ったプロバイオティクス食品を毎日摂取して、外から善玉菌を補うことで腸内環境を改善、維持します。

 

3. あたたかい飲み物を飲む

善玉菌はあたたかい環境で活発に活動することができると言われています。冷蔵庫を開ければいつでも冷たい飲み物を取り出して飲むことが出来ますが、冷たいものを飲むとお腹の中から冷えてしまいます。普段飲むものは常温から温かい飲みものにしましょう。

 

4. からだを冷やさない

からだが冷えると末梢血管が収縮し、血流が滞りがちになります。腸には多くの末梢血管が分布しています。とくに下半身が冷えて血液が冷やされると、お腹周りまで冷えてきてしまうので、靴下やレッグウォーマーを活用して体を冷やさないようにします。

 

5. パンやパスタよりもご飯を食べる

炭水化物には食物繊維が含まれ、腸内環境を整えるはたらきをします。ご飯は食物繊維が豊富な炭水化物。白米に発芽玄米を混ぜたり、雑穀を混ぜたり、分づき米を使ったりすることでさらに食物繊維を摂取することができ、腹持ちの良さからダイエットにもつながります。

 

6. からだを動かす

からだを動かすことで血流が良くなり、腸の血流や蠕動運動も促進されます。普段からこまめに体を動かす習慣を。

 

7. お風呂に入る

お風呂でからだが温まると末梢の血流が良くなる、代謝が亢進するなど、からだを動かすのと同様の効果が得られます。シャワーで済ませてしまう人は、できるだけお風呂で温まるよう心がけましょう。

 

8. 睡眠をきちんととる

睡眠をとることで体や肌を修復するホルモンが分泌されます。ポイントは寝る時間。ホルモンの分泌が多い22時~2時の間は眠っているようにしたいものです。

 

9. ストレスをためこまない

ストレスを感じると、自律神経の交感神経が優位になり、胃腸の働きが低下します。ストレスをため込まず、リラックスするよう心がけましょう。

 

10. 趣味や楽しみを持つ

夜中じゅうパソコンや携帯に向き合っているような趣味よりも、できれば外に出て体を動かしたり気分転換する機会になるような楽しみを持ちたいもの。DVDや本を読んで泣いたり笑ったりするのもリフレッシュ効果が期待できます。

 

この10のポイントを意識して生活していたら、ある日、「おや?そういえば最近便秘していない…!」と気が付くかもしれません。ぜひ試してみてください。

 

Photo by://www.ashinari.com/2012/08/19-367294.php?category=265

著者: seasideさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

習慣に関する記事

夏の寝苦しい夜を快適に♪快眠するためにはエアコンの掃除から!

  夏は日中、蒸し暑く毎日毎日このような暑さに耐えている体は沢山の疲労・ス...

体がため込んだ疲労を解消!疲れた体を癒す“よもぎ風呂”で夏でも快眠に♪

  夏は気温や湿度によって、何もしていなくても体は沢山の疲労感を感じてしま...


暑い夏こそじっくりとお風呂につかろう!知っていますか?快眠と入浴の深い関係性

  暑い夏になると、どうしてもお風呂に入ることが億劫になり、「シャワーだけ...

歩いて便秘にさようなら!美肌の基礎は歩くことにアリ!

しつこい便秘や肌荒れに悩まされる人にぜひやって欲しいのが、毎日歩くこと。歩く...

カラダノートひろば

習慣の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る