カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. おでかけ >
  4. 冬の育児、赤ちゃんの服装はどうすればいいの?

育児・子供の病気

冬の育児、赤ちゃんの服装はどうすればいいの?

 

 

寒い冬は、赤ちゃんにとって風邪やインフルエンザの危険もあるので、親心としては温めてあげたくなります。しかし体温調節が苦手な赤ちゃんは、寝汗をかいたあと冷えることで余計に風邪をひきやすくなってしまいます。冬の服装は「汗をかかない」「冷えない」ことが基本です。

 

 

【重ね着で保温効果】


何枚も着るとごわついて自由に動けないような気もしますが、冬は重ね着をすることで衣服の間にあたたかい空気がたまるので防寒にもなります。また厚手の服一枚よりも、重ねる枚数で体温調節ができるため、汗をかくことも予防できます。

 肌着+ロンパース
(※寒いときは、短肌着+長肌着+ロンパースなど一枚多く)

 

 

【パジャマの選び方】


ボディスーツとズボンが分かれたパジャマだと、足さばきも楽でリラックスして寝られます腹巻つきのズボンだとお腹も冷えません。赤ちゃんは体温が高いので厚着は避け、寒い日は中に短肌着を着るとちょうど良いです。

素材は綿100%だと汗も吸ってくれるのでおススメです。

 また、赤ちゃんはバンザイの姿勢で寝るので、毛布をかけても手が出てしまい冷たくなりがちです。ミトンがあれば冷えを防止し、頭や顔をひっかいても傷になりません。

 

 

【布団蹴り対策】


しかし何もかけないと風邪をひいてしまいます。

 

筆者の場合は、薄手の毛布やタオルケットを用意して、お腹の上(胴体)にかけてあげますまずはお腹をあたためる作戦です。(手にかかると同じように剥いでしまうので、脇の下にはさむ感じで)
その上でミルクや授乳をして、うとうとしてきたら寝かしつけ、すっかり寝たら掛け布団をかけます。これで起きるまで布団を蹴ることもありません。

どうしても蹴ってしまい体が布団からはみ出るようなら、スリーパーを着せても良いと思います。

 

 

~靴下は履かせるべき?~
赤ちゃんは足の裏で体温調節しているので靴下は履かせない方がいい、また歩き出す頃には裸足で地面の感触をつかませるため、など靴下を否定する意見も多いようです。そのせいか、冬の寒い日に外出先で裸足の赤ちゃんも見かけますが、さすがに冷えすぎて身体によくありません。

靴下を一枚履いたからといって、体温調節ができなくなる訳ではありません。暖かい室内では裸足でも良いと思いますが、足を握って冷えていたら靴下をはかせるべきです。寒い日や外出先では裸足は避けましょう。

 

(photo by筆者)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

おでかけに関する記事

旅先のホテルで出来る!子どもを飽きさせない簡単ゲーム☆おつかいゲーム・キッズカメラマン

旅行へ行くと、旅先のホテルでゆっくりまったりしたいものです。しかし子どもがいる...

「新生児」外出いつからできる?初めての外出はいつ?お出かけのOK・NGポイント

赤ちゃんとの外出はなにかと気を遣いますよね。とはいえ、ずっと赤ちゃんを外に出...

おでかけの体験談

初めての動物園☆

「6ヶ月までに動物園に行くと免疫がついて体に良いらしい」 という風の噂を聞いて明日で6ヶ月という日...

電車とバスとベビーカー

公共交通機関であかちゃんと移動。 初めての時は、どうやって無事に目的地に向かうか、頭の中はあらゆる...

カラダノートひろば

おでかけの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る