カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. ダイエット >
  4. 食事 >
  5. 食材 >
  6. その他 >
  7. カロリーが気になるときの上手なおつまみの選び方

美容・ダイエット

カロリーが気になるときの上手なおつまみの選び方

お酒を飲んで太るのはおつまみのせい…わかってはいるものの、お酒を飲むとどうしても高カロリーなものをたくさん食べてしまいがちです。

カロリーが気になるとき、おつまみを選ぶ際には、どのようなことを心がけたら良いでしょうか。

 

お酒は食欲増進のクスリ

低濃度のアルコールには、胃の内容物が十二指腸に押し出されるのを促す効果があります。

そのため「カンパイ」でまずビールなどのアルコールを飲むと、食欲が増進し、おいしくおつまみを食べられるようになってしまいます。

また、コーラだったらお腹が膨れて何杯も飲み続けることはできませんが、ビールであれば何杯でもおかわりできてしまうのは、この効果のためです。

 

お酒による食欲増進効果を頭の片隅に置いて、意識的に食べ過ぎをセーブすることも大切です。

 

お腹の中で膨らむおつまみを

ひじき、わかめなどの海藻類、オクラなどは胃の中で大きく膨らむ食材。

煮物やサラダなどを食べると、意外とお腹が満たされます。

 

いろんなものをゆっくりつまむ

メニューにカロリーが記載されているお店なら、低カロリーのメニューを品数多く頼み、ゆっくりとつまむようにすると、気分的にも満たされて、食欲も満たされてきます。

 

選ぶ際には、揚げ物よりも焼き物、蒸し物を、濃い味付けよりもあっさりしたものを選びます。

一皿の量が多いものよりも、少なめのものを多く並べましょう。

 

酢の物で体脂肪を燃焼

酢の物はおつまみに最適です。

酢のクエン酸、アミノ酸が働いて、脂肪分解酵素の働きが活発になり、体脂肪が燃焼しやすくなると言われています。

特に理想的なのは、わかめの酢の物。

わかめに含まれるヨードは甲状腺の働きを良くすると言われ、ダイエット効果が期待できます。

きゅうりと和えたものならアルギニン成分も加わり、疲労回復効果も。

 

おつまみにはカロリーの高いもの、脂肪分や塩分の多く含まれるものが多いですが、上手に選べば野菜や海草など、食物繊維やミネラルを補うことができるものもたくさんあります。

食欲に任せて選ばずに、カロリーの低いものをゆっくり食べる習慣を身につけたいですね。

(Photo by://www.ashinari.com/p

著者: seasideさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

食材にも酸性とアルカリ性があるって知ってた?酸性の食材は控えめに!

  アルカリ性の食事が身体に良いことは“【健康科学の世界】食品のアルカリ...

食べるほど痩せる?!マイナスカロリー食材でらくらくダイエットができるかも!

食べ物のカロリーはどうやっても、一番低くて0カロリーですよね。それが当たり前...


ダイエットに最適な低カロリーの食材とは?

  ダイエットをしている人も、健康に気をつけようとしている人も、食生活をし...

シナモンは脚やせ応援スパイス

■シナモンがオススメ脚をほっそりさせたいという方に、おすすめしたいスパイスがあり...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る