カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊活 >
  4. レシピ >
  5. 妊活や冷え性対策に☆牡蠣とほうれん草のとろ~りグラタン

妊娠・出産

妊活や冷え性対策に☆牡蠣とほうれん草のとろ~りグラタン

ほうれん草はカロテンをはじめ、ビタミンB1、B2、B6、C、E、鉄、マンガンなど豊富な栄養成分をふくんでいます。牡蠣にも鉄分、葉酸も豊富に含まれていますので、女性にとって”大敵”の貧血や冷えを予防し、妊活中の方は妊娠力UPが期待できます

 

 

*牡蠣とほうれん草のグラタン*(2人分)

 

【材料】

牡蠣・・・150g

ほうれん草・・・1/2ワ

マッシュルーム・・・1/2パック

バター・・・大さじ1

白ワイン・・・大さじ1

〈ホワイトソース〉

バター・・・大さじ1

小麦粉・・・大さじ2

牛乳・・・1カップ

塩、コショウ・・・少々

 

パルメザンチーズ・・・大さじ2

パン粉・・・大さじ2

 

【作り方】

 

  1. ほうれん草は4~5㎝に切り茎と葉に分け、熱湯に茎、葉の順でさっと茹で、ザルにあげて水けをきる。
  2. 牡蠣は塩水でふり洗いをして、ザルにあげ水けをきっておく。フライパンに白ワインを煮立て牡蠣を入れて蒸し煮にする。ふっくらしてきたら火を止め汁も一緒にボウルにあげる。
  3. マッシュルームを5㎜厚さに切フライパンにバターを溶かし、色づかないように炒めしんなりしたら取り出す。
  4. ホワイトソースを作る。3のフライパンにバターを溶かし、小麦粉を色づかないように炒め、粉っぽさが無くなったら火を止め、牛乳を一気に加えよく混ぜて再び火にかけ、中火でなめらかなクリーム状に煮る。牡蠣と煮汁とマッシュルームを加え、塩コショウで味を整えひと煮立ちさせる。
  5. グラタン皿に水けを絞ったほうれん草をしき、牡蠣をのせ、ホワイトソースをかけチーズパン粉をふり、220℃のオーブンで15~20分焼き色がつくまで焼く。

 

*男性にはご飯を敷いてドリアにするとボリュームアップできます。

 

乳製品に豊富に含まれているカルシウムはさまざまな生理機能の維持に重要な役割をはたす栄養素で、神経や筋肉の興奮をコントロールするほか、免疫機能、ホルモンの分泌にもカルシウムが欠かせません

ストレスや情緒の安定にカルシウムは有効ですが、手作りの夕食で会話を楽しんでリラックスした雰囲気でパートナーとのコミュニケーションをとることで、ストレスをなくすことも女性の体にとって大事な要素ですね。

 

(Photo by: 著者)

著者: プーちゃんさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

レシピに関する記事

イソフラボン摂取!妊活レシピ☆豆乳と豆腐のもちふわパンケーキ

【レシピ】豆乳と豆腐のパンケーキ   朝食やおやつに人気なパンケーキ。普段の...

朝食に!妊活レシピ☆食物繊維たっぷりさつまいも&ごまのちぎりパン

【レシピ】さつまいもごまパン 甘くておいしいサツマイモには、妊活に大事な食物繊...

レシピの体験談

妊活に効く食材と簡単レシピ★炭水化物、お肉は控えめで、なるべく野菜を!

妊活中はかなり食事に気を使っていました。 おそらく妊娠中の今より献立を考えていたかと思います。 ...

カラダノートひろば

レシピの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る