カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 感染症 >
  4. その他 >
  5. 敗血症ってどんな原因で起こるの?発症しやすい人ってどんな人?

気になる病気・症状

敗血症ってどんな原因で起こるの?発症しやすい人ってどんな人?

◆敗血症ってどんな病気?

まずはじめに、敗血症とはどんな病気なのでしょうか?

敗血症は、全身性炎症反応症候群とも呼ばれます。体のどこかに侵入した細菌が血液中で増殖し、血流の循環によって体中へと細菌が拡大していく病気です。虫歯おできが原因となって発症することも珍しくはありません。

 

症状としては急な高熱が現れたかと思うと熱が下がり、しばらくするとまた熱が生じるというような不規則な発熱が生じます。また、脈拍の回数が増えたり、呼吸がしにくかったり、急激に温度が下がる低体温が生じることもあります。

 

このような症状が見られる敗血症ですが、どんな人が発症しやすいのでしょうか?こちらで簡単に説明します。

 

◆敗血症になりやすい人はこんな人

上記で述べましたように、敗血症は細菌が原因となって生じる病気です。なので、抗生物質が普及した近年ではあまり多くみられない病気かもしれません。

 

しかし、お年寄り、妊婦、手術後間もない病人、といった抵抗力が弱まっている人に加え、慢性の消耗性疾患(癌や白血病など)、糖尿病、放射線治療・副腎皮質ホルモン薬・免疫抑制薬を長期にわたって用いている人などが感染症になった際に敗血症を続発しやすいとされています。

 

また、生まれつき心臓病や腎臓病を患っていて免疫力が非常に弱い乳児も敗血症になりやすいです。ですから、おできなどの可能性の病気や傷などにも細心の注意が必要になり、軽傷にも気を配る必要が十分にあります。

 

このようなことからわかるように、敗血症は健常者の人が急に発症するような病気ではありません。何らかの原因で免疫力が低下したり、毒素の力が非常に強い細菌に感染した際に十分な治療が施されなかった場合に、発病してしまいます。

 

ですから、体に何らかの以上が生じた場合には、すぐに病院などの医療機関に受診し、治療を受けるようにしましょう。

 

 

(イラスト by: [//www.irasutoya.com/2013/08/blog-post_1712.html])

著者: みの痔さん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

寄生虫「エキノコックス」の感染経路は実は限定的?感染経路について

  狐や犬、猫やネズミなど多くの動物を媒介にして感染を広げる、エキノコック...

冬に流行する感染症~重症化しやすい?高齢者は要注意「RSウイルス感染症」とは?

  毎年11月頃から流行の兆しをみせるRSウイルスですが、今年も今の時期では調...


敗血症治療で重要となる血流維持

血液に細菌が入り込んだ敗血症の治療は、血液に抗菌薬を投与して細菌を駆除すれば良...

ペットから感染!猫ひっかき病の症状とタイプとは?

猫ひっかき病とは、猫に引っ掻かれたり噛まれたりした時に、傷口から「バルトネラ...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る