カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 感染症 >
  4. その他 >
  5. 集中治療が必要になることも…小児の敗血症を予防するには?

気になる病気・症状

集中治療が必要になることも…小児の敗血症を予防するには?

 

敗血症という疾患を聞いたことがある人は少ないかもしれません。

この名前だけを聞いてもどんな疾患なのかいまいち想像しにくいと思いますが、実際症すると集中治療が必要になることもある怖い疾患でもあります。

 

 

敗血症と小児

特に敗血症に注意したいのは小児です。特別に小児敗血症ということもありますが、小児の敗血症は未だ罹患率が高く、死亡率も高い疾患です。

日本ではこの死亡率も次第に低くなってきてはいるようですが、殊発展途上国においては小児死亡の重要な原因の一つに挙げられます。先進国である日本でも小児死亡のひとつの問題として残っているくらいですから当たり前かもしれません。

 

予防できるの?

敗血症は正式には全身性炎症反応症候群と言われる疾患で、単純に敗血症と言う場合と、重症性敗血症と言う場合があります。

重症とつく場合には死亡率は約2割と、先進国の日本としては決して低い数字ではありません。ではそもそも敗血症を発症しない方法はないのかというと、明確に敗血症の発症を予防する方法はありません

なぜなら敗血症は身近にある様々な細菌が原因になって起こる為で、小児をそれらが完全にない環境に置くというのは難しいからです。

 

完全な予防法はないが…

様々な細菌が原因になるのが敗血症ですので、日常生活の中で起こる細菌の感染を予防するためには手洗い・うがいをすることも必要です。

また肺炎球菌やインフルエンザに対する予防接種を受けることも敗血症を予防に効果のある一つの方法だとされています。

 

死亡率の高い敗血症は、その予防方法について研究が盛んに行われている分野の一つです。

そのため、敗血症に対するアピールの方法などまだまだこれから期待できる部分が多くあります。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/02/23-014454.php?category=51])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

敗血症の治療方法 強力な抗菌薬投与、様々な支持療法が必要不可欠!

  ◆はじめに 敗血症の症状の表れ方としては、悪寒や震えを伴う発熱が挙げ...

肉に寄生する旋毛虫の感染症

人と動物が共通して感染する感染症に、旋毛虫症という食中毒があります。この旋毛虫...


猫ひっかき病になったらどうする?治療法は?

猫ひっかき病とは、その名の通り猫や犬にひっかかれたり、噛まれたりすることで起...

敗血症の初期段階ではどんな治療法が行われるの?

まずはじめに、敗血症がどのような疾患であるのかを、皆様はご存知でしょうか?敗血...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る