カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 感染症 >
  4. その他 >
  5. 敗血症の初期段階ではどんな治療法が行われるの?

気になる病気・症状

敗血症の初期段階ではどんな治療法が行われるの?

まずはじめに、敗血症がどのような疾患であるのかを、皆様はご存知でしょうか?敗血症は、細菌によって生じた全身性炎症反応症候群を指します。細菌が血液中に侵入して血中で増殖し、循環によって全身に波及したもので非常に重篤な状態であると言えます。

 

敗血症の症状 

症状としては、悪寒や全身の炎症による発熱の他にも、倦怠感や認識力の低下、血圧の降下が症状としてみられるようになります。進行状況によっては錯乱などの意識障害をきたすこともあります。

 

播種性血管内凝固症候群(DIC)を合併症状として生じてしまうと、血栓が生じるため多臓器不全が起こります。呼吸困難などの敗血症性ショックの症状を起こすと、患者の25%は死に至るという恐ろしい病気になります。

 

このような症状がみられる敗血症ですから、最悪の場合では死に至ります。ですから、初期段階での治療がとても重要になってきますね。こちらでは、敗血症の初期段階で行われる治療法について簡単にまとめました。

 

◆敗血症での初期治療

・重症敗血症あるいは低血圧や乳酸アシドーシスなど敗血症に伴う組織循環不全が見られる場合には、すぐICUで治療を開始し、敗血症性ショックが起こらないようにします。

 

・乳酸値の上昇は血圧の保たれている患者において、組織循環不全の指標となりますから、敗血症による循環不全に対する最初の6時間の治療では、以下の指標を保つことが目標とされる。

 

 ○CVP 8-12mmHg

○MAP≧65mmHg

○Urine output≧0.5ml/kg/h

○Central venous or mixed venous oxygen saturation≧70%

 

上記の初期治療でCVP 8-12mmHgを保つように輸血を行っても、ScvO2もしくはSvo2を70%以上に保てない場合には

 ○Ht30%を保つように赤血球輸血を行うかあるいは、これと併用してドブタミンを最高20μg/kg/minまで投与

 

敗血症の初期治療としては上記のようなことが行われます。しかし、一番大切なのは敗血症に移行する前に、その原因となる疾患や怪我を完全に治療してしまうことです。

 

ですから、体に何らかの異変を感じた際にはすぐに病院を受診するようにしてくださいね。

(イラスト by: [//www.irasutoya.com/])

著者: みの痔さん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

敗血症の予防には亜鉛が効果的!

  敗血症は、細菌によって引き起こされた身体の病気の部位から細菌が血中に侵...

ペットから感染!猫ひっかき病の症状とタイプとは?

猫ひっかき病とは、猫に引っ掻かれたり噛まれたりした時に、傷口から「バルトネラ...


敗血症による多機能不全の治療

  敗血症の症状には全身性炎症だけでなく、血流障害による多臓器不全もありま...

エンドトキシンによる敗血症性ショック

敗血症は血流への細菌感染により、全身に炎症反応が起こるだけでなく、感染した細菌...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る