カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 肺・気管支 >
  4. 肺胞タンパク症 >
  5. 原因によって異なる!息が苦しくなる病気「肺胞タンパク症」の治療方法を知ろう!

気になる病気・症状

原因によって異なる!息が苦しくなる病気「肺胞タンパク症」の治療方法を知ろう!

 

肺胞タンパク症とは、本来呼吸による酸素と二酸化炭素の交換をスムーズにするためのサーファクタントという物質が、過剰に肺胞に溜まってしまうため、逆に呼吸に障害が生じてしまう疾患です。

基本的にはこのサーファクタントを肺の中から除去することが根本的な治療なのですが、タイプによって治療が異なることがあります。

 

 

洗浄してサーファクタントを除去

根本的な治療としては、生理食塩水や気管支内視鏡を使用して肺を洗浄し、過剰に溜まったサーファクタントを除去する方法がとられます。

これは肺胞タンパク症を生じていることによって日常生活に支障が出ている場合などに行われる治療で、全肺洗浄という標準的な方法と、反射区域洗浄という全肺洗浄が行えない場合に取られる方法があります。

 

続発性肺胞タンパク症の場合

続発性ということは、他の疾患の続きとして起こるということですので、血液疾患や呼吸器感染症などの結果として肺胞タンパク症が起こった場合を指します。

この場合には先に発症している疾患を治療するだけで、肺胞タンパク症が改善することもありますが、肺胞タンパク症の改善に緊急を要する場合には上記のような洗浄が行われます。

 

先天性肺胞タンパク症の場合

遺伝子の異常によって生じる場合があります。多くは生後間もない時期に発症します。この場合は異常を生じている遺伝子によって治療方法が異なります。

種類によって骨髄移植が必要であったり、正常なサーファクタントを吸入することが必要であったりします。

肺洗浄が適用される場合もありますが、場合によっては肺移植が必要になる場合もあります。

 

他にもどの場合であっても酸素濃度が低下することがあるので、酸素を補給する酸素療法がおこなわれることもあります。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2008/11/16-010316.php?category=393])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

肺胞タンパク症に関する記事

肺胞タンパク症治療には肺洗浄!サーファクタント除去が治療の根本!

  最近、少し体を動かしただけで息切れがするようになった、咳や痰が出るようにな...

予防しにくい肺胞タンパク症…でも予防したい!予防として出来ることには何がある?

  肺には肺胞という小さな袋状の器官がたくさんあります。この肺胞でガスの交換を行...


自己免疫性肺胞たんぱく症の治療法では何をするの?(前編)

  まずはじめに、肺胞たんぱく症は発症原因により ・自己免疫性肺胞たんぱ...

特別な症状がなくて分かりにくい肺胞タンパク症…一体どんな症状があるの?

  呼吸をすることは人間が生命活動をする上で欠かせません。なぜかと言えば、人は...

カラダノートひろば

肺胞タンパク症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る